劇場公開日 1987年10月3日

アンタッチャブルのレビュー・感想・評価

3.9108
32%
54%
13%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全108件中、1~20件目を表示

3.5Grim Dark Knight Tale

2020年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

You could say in this raw, gritty cop thriller that there are no good guys. It's one of the dark age periods in US history, and alcohol is illegal. Gangs run the country and cops kill on a whim. But the story is good and the stakes are high. The infamous staircase shootout climax with a falling baby carriage is over the top, and it is hard not to laugh if you have seen The Naked Gun movies.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

3.5バットの使い方

Kjさん
2021年10月7日
iPhoneアプリから投稿

改めて観て、この内容で120分に収まっていることに感心する。「このシーンもこの映画だったか」などと思いながら、振り返ればその手数の多いこと。キャラクターも際立っていて、ストーリーも起承転結がしっかり。なるほど、確かにいい映画だなと感心する。
昔、大絶賛されて期待度を上げすぎて観たのが悪かったのか、それほど印象には残らなかった。他のマフィア映画のようなクセがなく、出来すぎていたためかもしれぬ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj

4.5悪い奴は最後は捕まるのだ

Mas Kudさん
2021年10月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

約30年ぶり2度目の鑑賞

実話が元とはいえ、かなり盛っているそうだ
仲間が命を落としたり、切ないシーンも多いが
最後はカポネを刑務所送りに
最後の駅での銃撃戦は「?」だが
目的を達する、爽快な映画だ

前回よりもいい映画だと感じた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mas Kud

3.5久しぶりの完全鑑賞

たつじさん
2021年9月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

当然だけど皆さん若く素敵😀
二人が殉職
二人が新たな戦いに

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たつじ

3.0前評判倒れ、娯楽性に欠けていると思う

2021年8月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

有名な、階段を転げ落ちる乳母車の背景で、銃の乱射が起き、スローモーションで人がバタバタ死んでいくシーン。
それから、役作りで太ったデ・ニーロが、バットで人を殴り殺すシーン。
その他、割と冷徹に人が死んでいきますが、主役のケビン・コスナーに何とも言えない薄笑いが消えないのと、ショーン・コネリーが悪役顔なのに主役のサポート役というミスマッチで、正義のアンタッチャブルがちっとも強そうに見えないんですよね。そして、緊張感が足りないというか。

禁酒法。イタリアン・マフィア。アル・カポネ。ショウビジネス。いくらでも取り上げるに足る題材がごろごろ転がっているような、映画にするのに、宝物のような時代背景を、最高のキャストと、最高の演出で、映画にしたら、駄作だったという、デ・パルマの無能を証明された作品。

2017.7.10

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

4.0びっくりの豪華キャスト

さん
2021年7月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1930年、ロバートデニーロ扮するカポネがのさばる禁酒法の中ケビンコスナー扮する財務省特別捜査官エリオットネズは密造酒と暴力行為を取り締まろうとしていた。しかし出鼻をくじかれた。エリオットネズは、ショーンコネリー扮する警察官ジミーマローンにからんだりしたが、カポネを検挙するため力を借りに行った。でも家族を攻められると弱いよね。それにしても豪華キャストにびっくりだね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

4.0役者揃い

2021年7月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

エリオット・ネスがケビン・コスナー、カポネがロバート・デ・ニーロ、ジム・マローンがショーン・コネリーなど錚々たるたるメンバーが揃っている。
監督がブライアン・デ・パルマ、おまけに音楽がエンニオ・モリコーネ、こんな作品で存在感を出すのは大変だ。
スタイリッシュな演出も見事で、映画館を出るときは満足感に浸っていたと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5オマージュ

2021年7月10日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 10 件)
ジョニーデブ

4.0幼心に刻まれた名シーンの衝撃!

2021年6月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 19 件)
しゅうへい

1.5ポリ視点

Ezy Ryderさん
2021年5月10日
PCから投稿

警察視点の、よくある勧善懲悪で、開始15分くらいで、結末丸わかり。後、古い映画やし、仕方ないかもしれんけど、銃撃戦やら買収工作、脅迫等々で「ベタベタなシーン」がてんこ盛り。

ぶっちゃけ、警察の悩みやら、葛藤やらて、他の映画でも散々、観させられてきて、飽きてるねんな。観終わって思ったのは「むしろ、せっかく"デ・ニーロ"なんやし、カポネ視点の映画が観たかったな」という。

筋も滅茶苦茶で、警察に信用できる人間がいないので、「たった4人でカポネを追い詰める」という無理ゲー。しかも、作戦も何も皆無に等しく、行動が場当たり的で、銃持ってトッコーばっかしてるし。

良かったシーンは『戦艦ポチョムキン』の「オデッサの階段」の「オマージュ・シーン」くらいかな。あっこだけ、緊張感あった。とりま、名作の評判なんで、期待して観たけど、個人的には外れ作品やった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ezy Ryder

5.0男なら一度は見とけ!

2021年5月9日
スマートフォンから投稿

これは名作。
どのシーンも絵画になる。

どこを切り取ってもカッコいい。
まさに名作って感じの名作。

わたしはイタリア贔屓なので、アンディガルシアさんがかっこよすぎて、この映画が大好き。

アンディ、イタリア人じゃないけど、イタリア人に見えるよね。なんとなく。

乳母車を足で止めるシーンは、ホント絵画だよ。

音を消して、ただ垂れ流してるだけでカッコいい映画、そんなにないと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
リアルマリア

3.5豪華ムービースターの競演

光陽さん
2021年5月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

豪華ムービースターの共演というか競演。
とてもかっこいい映画でした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
光陽

3.5シカゴの流儀

こころさん
2021年5月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 5 件)
共感した! (共感した人 17 件)
こころ

5.0デパルマニアが世間に自慢できる唯一の作品!

kazzさん
2021年4月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

午前十時の映画祭にて。

ブライアン・デ・パルマに傑作や怪作は数あれど、万人に通用する作品としては本作が最高だろう。
映画監督デ・パルマの存在を世界にアピールした一作だ。
ケビン・コスナーとアンディ・ガルシアをスターに押し上げ、ショーン・コネリーにオスカーをもたらした功績も大きい。

本作で、良い脚本があればデ・パルマは立派に演出できるということが証明された。
明快で面白いストーリーは、デ・パルマがテクニックに尺を割いても破綻しない簡潔さだったのだ。

往年の人気テレビシリーズを映画化したのもハシリではなかったか。
後に『ミッション・インポッシブル』の一作目にデ・パルマが抜擢され(トムの熱烈オファーがあったと聞く)、テレビシリーズの焼直し映画の中でも最高の人気シリーズの先鞭を切ることになったのも、本作の成功があったればこそではないだろうか。

さて、この映画には伝説化した2つのシーンがある。
1つは、アル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)がバットで部下の頭をカチ割るシーン。
『コンフィデンスマンJP』で、座らせた部下の背後をバットを持って歩きながら江口洋介が言う。「このバットで殴られると思ったか?お前ら映画の観過ぎだ!」
いやいや、決して映画でよくあるシーンなどではない。垂直に見下ろすカメラで描写したデ・パルマの残酷演出に何よりも強いインパクトがあった所以だ。
もう1つは、ターミナル駅の階段での銃撃戦シーン。
公開当時、『戦艦ポチョムキン』の「オデッサの階段」を丸パクリだと賛否両論が巻き起こった。
映画の歴史上重要な位置にある名シーンへのオマージュという好意的な評と、恥ずかしげもなくコピーしたという批判。
たが、確かに乳母車が階段を転がり落ちるところは「引用」しているが、スローモーションによる緊張感と、何よりストーン(アンディ・ガルシア)が乳母車を受け止める最高にカッコいい場面は、デ・パルマのオリジナルだと言い切って良い思う。
そもそも、「オデッサの階段」はエイゼンシュテイン・モンタージュの象徴的シーンとされているが、デ・パルマが用いたモンタージュはグリフィス技法だろう。

他にも、名シーンを挙げればきりがない。
最も好きなのは、マローン(ショーン・コネリー)が襲われるシーンだ。これぞ、デ・パルマの真骨頂。
あの真っ直ぐな廊下のアパートメントは、このシーン設計のための特異なセットだったと思う。
紙マッチに住所が書かれた小道具の使い方も見事だった。

あくまでも“対世間”においてデ・パルマの最高作。誰にでもお勧めできる良作だ。
マニアとしては、エロティシズムが足りないところでナンバーワンとは言えないが。

コメントする (コメント数 10 件)
共感した! (共感した人 24 件)
kazz

3.5名作名優

2021年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

昔、後半部分だけちらっと観たことがあって面白そう!と思っていました。今回初めてきちんと観ましたが、やはり面白かったです。しかも結構豪華キャストだったんですね。アンディガルシア若い!ケビンコスナー格好いい!ショーンコネリー渋い!デニーロ悪!

警察も司法も手中に収める裏社会のボスに真正面から勝負を挑む姿が格好良いです。ネス(ケビンコスナー)側とカポネ(デニーロ)側との間で繰り広げられる、やられたら倍返しの抗争。きれい事では済まされない命懸けの闘いに見入ってしまいます。

ネスが結成したチームのメンバーも皆個性的で光ってます。定年間近で自分の信念を貫く覚悟を決めたマローン。敏腕ガンマンのストーン。カポネの金の流れを瞬時に見抜く陽気な税理士ウォレス。それに対するカポネの笑顔で人を殴り殺す極悪非道ぶり。手下の白シーツで決めた殺し屋もインパクト大。

カポネが牛耳る世の中。私腹を肥やしてのうのうと生きる者もいれば、身を守る為に仕方なく手を汚す者もいたでしょう。正しい事をすれば命が無くなるような状況の中、立ち上がったネス達に胸が熱くなります。特にベテラン警官のマローン。初めは、命が大事だからと言ってネスの誘いを断りますが、覚悟を決めます。カポネの手に染まり、根底から腐りきった警察社会。自分はここでこのまま生きていくのか。色んな葛藤があったと思いますが、やると決めたからには徹底的にやる熱い男をショーンコネリーが熱演していました。血まみれで這っていくシーン印象的です。正義の為に!真の警官として!そんな想いが全身から滲み出ていました。
昔チラ見した時にはアンディガルシアやケビンコスナーの格好良さばかりが際立って見えたのですが(今見てももちろん格好良いです)、ショーンコネリーの厚みが効いていたのかなと思ったりもしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
セロファン

4.5さすが名作!

2021年4月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

部分的に見たことはあるけど、最初から最後まで見たのが初めてかも。でも、テレ東午後のロードショーだから、けっこうカットされてると思う。ほんとは映画館で見た方がいいだろうなぁ。

オープニングの音楽からいい! さすがモリコーネおじさま。ケビン・コスナーきれい! ショーン・コネリー渋い! デ・ニーロ狂ってる! アンディ・ガルシアかわいい! 殺し屋のくせにキメすぎなビリー・ドラゴ、いい色出てる! 帳簿を見ればおかしな金の流れをすぐ発見できる、仕事できるがネズミっぽいチャールズ・スミス、真っ先に殺されてかわいそうに…。

乳母車の階段落ちや、瀕死ではっていくシーンや、バット殺人や屋上の追跡や、素晴らしい場面だらけ。ひとつ気になったのは、カナダの騎馬警官。防具が何もないのに、銃撃戦に突入するんかい!? 馬に当たっちゃうじゃないかっ。馬に乗った警官隊が疾走する絵が欲しい、という監督の欲が透けて見える。ここはほんとに必要だったのか〜?

と、ちょびっと意地悪く言ったけど、名作であることは間違いない。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 10 件)
ぷにゃぷにゃ

5.0最高です。

2021年4月24日
Androidアプリから投稿

やっぱりいい。

前回の午前十時の映画祭時も2回鑑賞した。

もう一回と言う所で、又々緊急事態宣言突入。

それにしても、ショーン・コネリーも、ロバート・デ・ニーロも貫禄がある。

もう一回ブルーレイで見ます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
エンジェル・ハート

4.0アメリカ、禁酒法下で、マフィアに挑む物語。マフィアに支配された町の...

平広範さん
2021年4月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
平広範

3.5映画としては「素晴らしさ」より「隔世感」を感じてしまう。

2021年4月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

午前十時の映画祭で。
今日、感じたことを率直に正直に上げて行くとですね。
*この映画にモリコーネの音楽は合わない
*ショーン・コネリーがとにかくカッコいい
*銃撃シーンの物足りなさ
*エリオット・ネスの人物像や史実が有名過ぎて、イマイチ盛り上がれない。
*階段落ちシーンも、やはりイマイチ

とにかく、ショーン・コネリーに尽きまするw

以上

コメントする (コメント数 11 件)
共感した! (共感した人 8 件)
bloodtrail

5.0映画館にて

Yoshi Kさん
2021年4月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

幸せ

午前十時の映画祭2021にて鑑賞。こういう名作を映画館で見ることが出来て幸せ。ほんとに豪華なキャスティングですね。ショーンコネリー、デニーロが素晴らしかったです。途中途中泣けました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
Yoshi K
「アンタッチャブル」の作品トップへ