悪魔の墓場

劇場公開日:

解説

生をまっとうするために人間の内臓を欲する死者と生きた人間の戦いを描いた怪奇映画。製作はエドモンド・アマティ、監督はジョージ・グロウ、脚本はサンドロ・コンティネンツァとマルチェロ・コシア、撮影はフランシスコ・センペレ、音楽はジュリアーノ・ソルジーニが各々担当。出演はレイモンド・ラヴロック、アーサー・ケネディ、クリスティーナ・ガルボ、ウィリアム・リトン、ポール・ベンソンなど。

1974年製作/イタリア
原題:Let Sleeping Corpses Lie
配給:日本ヘラルド映画
劇場公開日:1975年6月7日

ストーリー

ジョージ(R・ラブロック)はロンドンで骨董屋を営む若者だった。週末は郊外で過ごすという習慣に従って、今日も仲間と山荘で過ごすためにオートバイでロンドンを出発した。道すがら顧客に悪魔像を渡すことになっていた。途中のガソリン・スタンドで、エドナ(C・ガルボ)という女が運転する車にぶつけられたために、彼女の車に同乗して目的地へと向かった。エドナは麻薬にとりつかれているキャセイという姉に会いに行く途中だったのだ。その夜、キャセイの夫が殺された。自宅付近の滝で、夜、写真を撮っているところを締め殺されたのだ。犯人は、昼間エドナが目撃した、幽鬼の相を浮かべた死人のような男だった。マコーミック警部(A・ケネディ)はジョーンズ、エドナ、キャセイの三人を疑った。ある夜、この事件に興味を持ったジョーンズとエドナはたまたま共同墓地の近くを通りかかるが、その折、一棺の中の屍体が失せているのを発見した。さらにそこに安置されている屍体が二体、三体とおきあがり、二人を襲ってきた。二人は火を武器に何とか脱したが、尾行してきたマコーミックの部下は内臓を喰いちぎられて死んだ。ジョーンズは、この家にくる途中で奇妙な機械を操作する数人の男たちを見たのを思い出した。その機械とは超音波を発して害虫を駆除するものだった。その特殊な音波は害虫にそれぞれ敵対本能を呼び起こして互いに争わせるという効果をもっていた。ジョーンズはこの音波が死人に作用しているのではないかと思い、その機械を壊そうとしたが、妨害にあってはたせなかった。その頃、エドナは錯乱状態に陥っていた。殺されたキャセイの夫が音波のためにモンスターとなり、彼女をつけねらい始めたからだった。やがて共同墓地から甦った屍体たちは病院を襲撃した。ジョーンズはそれを知ると、警戒厳重な警察の捜査網をくぐって病院にかけつけたが、しかしときすでに遅く、エドナは毒牙にかかってモンスターと化し、そのエドナに抱きつかれたとき、エドナの歯型を首につけられたジョーンズもモンスターになった。そこへ乗り込んできたマコーミックは前後の事情もわからないままジョーンズを射殺した。だが、ホテルに帰ったマコーミックを待っていたのはモンスターのジョーンズだった。彼の鋭い牙がマコーミックの首めがけてつき出された……。今日もまた、害虫駆除のマシーンが田園でまわり続けている。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5展開の着実さが仇に

2023年6月8日
iPhoneアプリから投稿

イタリアらしいゴア描写に溢れたゾンビホラー映画だが、こういうのをやるならいっそルチオ・フルチくらいぶっ飛んでほしいというのが正直な感想。あるいはダリオ・アルジェントの格調高さか。

破綻なく着実に展開していく物語には安心感こそ覚えても恐怖はあまり感じない。まるで明かりが煌々と照らされたお化け屋敷の中を歩いているような気持ちだ。たとえば主人公の男を連続殺人犯の犯人と信じて疑わない老刑事が終盤まで野放しになっていた時点で主人公が彼に射殺されるというオチは明白だ。驚きも落胆もない。開き直ってジャンプスケアをやれとまでは言わないけれど、もう少し不案内な構成にしてもよかったんじゃないかと思う。

それはそうと冒頭の無関係なショットの連続には痺れた。信号待ちの車の隊列の間を露出狂の女が走り去っていき、次いで工場と思しき建物の側溝へと流れ落ちるヘドロのような液体がズームで映し出される。そしてその不可解な停滞を切り裂くように主人公の乗ったバイクが画面をズバーッと横切っていく。俺はいったい何を見させられてるんだ?と思って3回も巻き戻してしまった。

終始こういう感じでやってくれるのかと思ったらそんなことはまったくなかったというのも本作をあまり評価できない理由かもしれない。

目玉であるゴア描写に関しても、散々もったいぶった末にこの程度か、という感じだった。ゾンビが加速度的に増えまくって村落の人々を皆殺しにするくらいの祝祭性は欲しかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
因果

3.0メイルテーマがカッコいい

2022年8月29日
Androidアプリから投稿

サントラ盤を何回も繰り返し聞いていたものだ。
今、見るとチープかもしれないが、当時は色々と衝撃的だったんだ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ムーラン

2.5ゾンビ映画の原点

2022年8月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

進化したゾンビ映画と比較してしまうと物足りないですが、原点を尊重して。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
aki007

3.5ちょっと胸糞系

2020年9月2日
iPhoneアプリから投稿

基本的にはクラシカルなゾンビ映画です。
まだゾンビ黎明期だからでしょうか、噛まれたり引っかかれたりしただけではゾンビにならないのが今見ると新鮮です(設定上もスジが通っている)。
やたら食い残しが多いのはお約束。
おっぱいが多いのもお約束w

メインストーリーが若干胸糞悪いです。
一応最後にツケは払ってますが、アイツはあんな程度で済ませてほしくなかったw

コメントする (0件)
共感した! 0件)
克晴
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る