アイリスへの手紙のレビュー・感想・評価

アイリスへの手紙

劇場公開日 1990年6月22日
1件を表示 映画レビューを書く

君は俺と寝る ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 スタンリーは非識字者。読み書きが全くできないのだ。パン工場の厨房が職場なんだから、読み書きできなくても平気かと思えば、殺虫剤を間違えて入れてしまったらどうなる?などと言われ、さっそく解雇されてしまう。彼には年老いた父親がいて、彼を老人ホームに入れるが、数週間後帰らぬ人となった。しかも電報が届いていたのに字の読めないため、父の死に目に会えなかった。

 アイリスの家も大変。妹夫婦はケンカばかり。娘のケリーは妊娠して相手は誰だか言わずにいる。悩みの種は尽きないのだ。

 父が死んだことを機会に字を学ぼうと決心したスタンリーは、意を決してアイリスに字を教えてほしいと頼んだ。最初は苦労した。地図を頼りに目的地に向かうという野外実習もやってみたが、これの失敗によって字の習得を諦めようとまでした。彼の家を訪ねると機械だらけの部屋に大きな発明品があった。やがて、この特殊技能を活かして就職。再びマンツーマンの勉強が始まり、2人は愛によって結ばれる・・・彼の就職はデトロイト。機械関係?だろうな。手紙のやりとりを続け、愛を育む2人。数か月後、街に戻ったスタンリーは「めぼしい家を見つけた」とプロポーズをする。

 なんとも盛り上がりに欠ける物語。プロポーズの台詞などは静かで、大人の雰囲気たっぷり。だけど、字を習ってるときに、「君は俺と寝る」などと無神経なことを言ってたし、なんだかロマンチックのかけらもないというか・・・それにアイリスも「セックスしたい」と妹や娘やスタンリー本人にも言う・・・色情狂かと思っちゃうぞ!(笑)

kossykossy
kossykossyさん / 2018年10月19日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報