劇場公開日 2015年10月17日

  • 予告編を見る

愛と哀しみのボレロのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全15件を表示

5.0クロード・ルルーシュ渾身の舞曲

odeonzaさん
2019年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

知的

「ボレロ」は2つの旋律と単調なリズムながら遠景から迫りくるダイナミズムは感性にダイレクトに響く名曲である。映画はウィラ・キャザー(アメリカの女流作家)の残した格言から始まる「人間の歴史には2つか3つの物語しかない、それらは残酷なほど何度も繰り返される、毎回それが初めてであるかのように・・」
先の大戦、国も異なる4家族、2世代の愛と悲哀、数奇な運命を芸術を通じて延々とフィルムに刻み、人間の愚かさと儚さ故の美しさを後世に伝えたかったのであろう。クロード・ルルーシュのアーティスト魂、熱気が恐ろしいまでにほとばしる。古い作品だが映画史に残る名作であることは間違いない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

4.5圧巻のバレエ

2019年1月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

バレエのボレロが見たくて鑑賞。戦争の理不尽さ、戦争の反省を忘れてまた過ちを繰り返すかもしれない人間の弱さなど改めて心にきざむことに刻むことになりました。古い映画ですがやはり傑作ですね。長い映画なのに、私も子供も集中力きれませんでした。最後はストーリー、音楽、バレエの融合で涙が出てしまいました。バレエはやはり圧巻で、バレエシーンは何度も繰り返して見てしまいました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
モロッコガール

4.5ヘルベルト・フォン・カラヤン、グレン・ミラー、ルドルフ・ヌレエフ、...

miharyiさん
2018年11月3日
PCから投稿

悲しい

ヘルベルト・フォン・カラヤン、グレン・ミラー、ルドルフ・ヌレエフ、エディット・ピアフの四人の音楽家たちをモデルに、戦前から戦後の半生を描いている。
登場人物が親子2世代同一人物だったりと、一度ではかなりわかりずらい。
芸術家を通して映る戦争の悲劇もまた悲しくも切ない。
2014.5.12

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

4.0音楽がいい

kossyさん
2018年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

寝られる

とにかく音楽を楽しむためだけに鑑賞

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0実はクロードルルーシュの半生記

あき240さん
2018年8月28日
Androidアプリから投稿

ルルーシュ監督は1937年パリ生まれのユダヤ系
映画は1936年末から始まる
おそらく彼の周囲で見聞きしたエピソードがてんこ盛りで、そこにカラヤンやグレンミラーをモデルした物語を接ぎ木したもの
自分達の世代はこのような歴史の中で育ち今あるのだという讃歌

フィナーレのダンスシーンは圧巻であり、それぞれの登場人物が集結する見せ場になるのだが、それが物語が畳まれるカタルシスまでには至らなかったのは残念

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

5.0才人ルルーシュ本領発揮

2018年8月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

知的

ルドルフ・ヌレエフ(ジョルジュ・ドン)、エディット・ピアフ(エブリーヌ・ブイックス)、ヘルベルト・フォン・カラヤン(ダニエル・オルブリフスキ)、グレン・ミラー(ジェームズ・カーン)をモデルにし、パリ、モスクワ、ベルリン、ニューヨークを舞台に50年間のドラマを壮大に描く。
才人クロード・ルルーシュ監督、音楽はミシェル・ルグランとフランシス・レイ。
終盤のボレロをバックに踊るジョルジュ・ドンは圧巻。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0ジョルジュ・ドンの思い出

きりんさん
2018年5月21日
Androidアプリから投稿

京都にジョルジュ・ドンが来たとき、これは是非にと行ってきた。

映画の彼が、目の前で生で踊るボレロ。長い長いクレッシェンドで、繰り返し繰り返しの高揚していくボレロのリズム。

客席の僕はあの映画のストーリーが、それこそ走馬灯のように思い出されて、自分までがステージの渦に巻き込まれてしまって
・・・音楽とダンスが終わった瞬間の、絶叫と嵐のような歓声の中、大勢の観客と一緒に両手を上げたままステージのたもとまで殺到してしまった。
あんな客席は後にも先にも見たことがない。

ジョルジユ・ドンはときを置かずして急逝。
映画と彼は、僕にとっては一つのものです。
・・・・・・・・・・・・・・

感慨深いのは、主人公たちが一堂に会するラストなわけだが、
まるでプラズマがぶつかり合い激しいショートの火花が散るようなこのエンディングにして
しかし、主役の四人は目の前の共演者が何者であるかを知らないのだ。
絡み合いつつニアミスしつつも、人間の歴史はその人において固有のものなのだと映画は語るのだろう。
凱旋門でのこの夜が終われば、彼らは再びバラバラに帰途につく。
つまり個人主義の讃歌、
そのことがまた面白い。

映画の他のシーンについては、何度か観て友人と不明点を解明し合うのも楽しい。
なんせ同じ役者が親子の設定で再度登場しているし。絡み合い巡り合うヨーロッパの歴史。

で、まだよく分からないのは戦地から復員して駅に降り立った若者たちのうち1人だけ出迎えがなかったのは何故だろう。どなたか教えて。
またレンタルだな。
・・・・・・・・・・・・・・
バレエもののDVDはたくさんあるがドラマ仕立てよりドキュメントが良。
草刈民代の「ダンシング・チャップリン」などオススメ。
実は僕もバレエ踊っていたのです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
きりん

3.0これはフランス映画なんだ

2017年12月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

戦争の歴史物と思って観てはいけません。
あくまで綺麗な様式美を観るための映画だと思って観れば豪華だし綺麗だし楽しめる。
最初とラストの結びに、ああ〜、これがやりたかったがための3時間かあ!となるのです(笑)

途中まではなんというか、戦争を描いているのにフワッフワしたフランス映画っぽさが溢れていてちょっと胸がむかむかしてしまいましたね。
ナチスドイツを扱う映画を作るって、本当にデリケートなことなんだなあって思いました。
いや、そんなふうに真面目に観なけりゃ良い映画です。これだけの時間観てられるだけでもすごい。でも、男と女みたいなほうが、やっぱ合ってるんじゃないかな〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はんぺん

1.0フランスの凋落

2017年10月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

 人類の融和や世界平和の中心たらんとする、当時のフランスの心意気が眩しいくらいだ。
 同時に、世界どころか欧州の統合すらままならない現在から見ると、映画のフィナーレが滑稽なほどの絵空事に思えてくる。
 また、こうした西欧の思想と世界の首都を任じていたフランスとパリの凋落ぶりは、今や誤魔化しようがないところまで進んでいる。
 この「戦後」世界への大いなる信頼と期待が、もはやほとんど残されてはいないという事態を、観客はこのスクリーンから確認することとなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よしただ

4.035年ぶりに見た

hanataro2さん
2016年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

びっくりしたのは内容をすべて忘れていたこと(笑)。同じ俳優がダブルキャストで出ていたので、混乱もしたが、ジョルジュドンのバレエに圧倒された。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
hanataro2

2.5観終わってみると怒り>感動

rie530さん
2016年2月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

初公開の時はとにかくジョルジュ・ドンが凄すぎて、ストーリーの粗さはまぁいいや、だったのだけど、その後長尺版を観て公開時の編集の酷さに思いっきりムカついた。あんな緻密なドラマをよくもまぁあれほどつぎはぎのお徳用幕の内にしやがって…。で、今回、どう考えてもやっぱり幕の内!何でオリジナルに忠実にデジタライズしないんだろう。ホントに貧乏性なんだから…。ただ初公開の時は気づかなかったLGBTの描写にヘンな感動を覚えたのは歳を取ったせいであろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
rie530

4.0巧みで濃密。実感2時間のち脳疲労。

2016年1月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

入場時に窓口で人物相関図をもらったけど開演ギリギリだったので予習できず。でも集中すれば追いつけます。

4家族の45年間を3時間にまとめた作品だから展開のスピードが凄い。シーンを味わってる暇なんかない。それでいて4家族それぞれが関わりあってストーリーが複雑な上に、世代代わりも合って登場人物が多い。しかし意外なほど不自然さはなくて現実のヨーロッパで非常に有り得る話。それだけに変に気持ちがそれず、最後まで集中できました。3時間があっと言う間。

特定の主人公を持たないから、それぞれの展開を理解して記憶しておく必要がある。説明的表現が非常に少ないのは35年前の映画らしく想像力を試される。いろんなところにヒントが散りばめられているから目を話せない。

読後感?は、まさに愛と哀しみが入り交じる複雑な印象が残る。哀しい過去を乗り越えて、EUとして統一通貨を持つところまで発展したのは尊敬に値する。表向きでは明るいヨーロッパ人も暗い過去を背負って踏ん張って生きているひとが多いのかもしれない。レスペクト。

プラス見逃したところがないか、きちんと理解しているか不安が残ったかな?鑑賞後にカフェで人物相関図を見ながら映画を思い返したら、二度美味しかった。つぎはDVDでじっくり見てみたい。

巧みに計算された作品。カンヌ映画祭フランス映画高等技術委員会グランプリ受賞は伊達じゃない。脳のエクササイズにオススメです。

映画と関係ないけど、第二次大戦でヨーロッパは大混乱したのは事実。隣国と殺し合った間柄になったのに、戦後は隣国と友好関係を築かないとやっていけなくなった。心の平穏は与えられるものではなく、自分で切り開かないといけない危機。簡単に信用しなくても話し合いはフラットかつ濃密。日本の会話は非常に冗長で、内容よりも感情重視。猜疑心を露骨に人を勘ぐるのは平和ボケだな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
TKひっち

4.0今観るべき映画

2015年11月25日
iPhoneアプリから投稿

過去にDVDで観た本作デジタルマスター版を劇場で観た。最近パリで発生したテロをフランスの大統領は戦争と表明し同盟国までも絡み世界情勢が緊迫中の今、非常に深い想いで鑑賞した。戦争を背景にした人々の運命、繋がり、愛と哀しみ、複雑な心理も織り交ぜ半世紀分まで描かれている。そんな歴史を全て表現するかのような感動的なダンスやバレエシーンさえ胸にせまり感極まってしまった。ラストはエッフェル塔を背景にエリゼ宮を舞台にジョルジュドンによる圧巻のボレロ、そして美しいパリの街並みがエンドクレジットで流れる。自分がフランス国民であったら今まさに観たい映画だと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yuuulahoola

2.5二回観なきゃわからないのかも

めにるさん
2015年10月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

4組+αの人生を描く必要があったのかしら。
エンディングで収斂しきれていないから消化不良感でいっぱい。
個人的には、ラストのボレロよりオペラ座でのソロ縁起の方が好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
めにる

3.5キャラクターをあまり掘り下げて描いていないせいか、はたまた親・子を...

伝馬町さん
2015年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

キャラクターをあまり掘り下げて描いていないせいか、はたまた親・子を同じ俳優が演じている事もあり、途中で誰が誰やら混乱してしまいました。
もう一度観てみないと。
完全版だと違うのかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
伝馬町
「愛と哀しみのボレロ」の作品トップへ