BORDER LINEのレビュー・感想・評価

メニュー

BORDER LINE

劇場公開日 2003年6月28日
1件を表示 映画レビューを書く

罪を清算して再生する ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 工業高校の松田周史は父親を殺し逃亡するが、アル中のタクシー運転手黒崎が撥ねてしまい北海道まで連れていくことになった。

 その他、夫のリストラと息子がいじめられて悩む主婦相川美佐(麻生祐未)。ヤクザの宮路は45歳になるが集金係に甘んじている。東北のファミレスにてタクシー運転手の黒崎は逃げ、松田は宮路と出会う。ファミレスでは自分の子を虐待する母親の姿を見ていた宮路の娘も援助交際で補導されてしまう。

 親と子の絆の問題が5人の登場人物すべてにしこりとなって残る。ほとんど孤児だった黒崎。父を殺した松田。妻を捨て娘が気がかりな松田。過保護な美佐。

 宮路から託された凧をはるかに渡そうとする松田だったが、援助オヤジと遭遇して刺すものだと思いきや、殴られただけでやりすごした。再生したのだ、彼は。大切なモノに気づくのが遅すぎただけ。宮路は死んでしまったが、自分が首吊するところから救ってくれた命の恩人だ。あやかにそれを伝えて、自分は自首する決心を固める。

 相川美佐のエピソードだけは他の登場エピソードと繋がらないが、他がすべて罪を清算して再生へと向かうことに反して、最もまともそうな人物が犯罪者へと変貌を遂げる対比が面白かった。

kossykossy
kossykossyさん / 2018年12月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi