女はバス停で服を着替えた

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

北海道・鹿追町を舞台に、訳あって別れた男女の再会と新たなる旅立ちを描いた官能ドラマ。監督は「NAGISA なぎさ」の小沼勝。脚本は、長谷川弓子と「死者の学園祭」の安倍照男、「ターン」の村上修の共同。撮影を「SIBERIAN EXPRESS3」の鈴木耕一が担当している。主演は、「真夜中まで」の戸田菜穂と「SEMI 鳴かない蝉」の遠藤憲一。第15回東京国際映画祭ニッポン・シネマ・フォーラム・トーキョー・フィルム・メーカーズ・コンベンション出品、平成14年度文化庁映画芸術振興事業作品。

2002年製作/99分/日本
配給:アルゴ・ピクチャーズ

ストーリー

好きなダンスを辞め、東京から故郷である北海道・鹿追町に戻ってきた充。蕎麦屋を開き、再出発の第一歩を踏み出そうとしている彼のもとに、死んだ弟・匡の妻でダンス・パートナーだった瑞枝がやって来る。実は、かつて不倫関係にあったふたり。だが、匡の事故死をきっかけに罪の意識に苛まれた充が逃げ出したのだ。しかし、瑞枝の中には今も充への想いが燻り続けている。彼女はそれを充にぶつけるが、彼の気持ちは戻ることはなかった。それから数日後、充の幼なじみである真一のウエディング・パーティで充とサルサを披露した瑞枝は、心の整理をつけ東京へ帰って行く。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
長谷川弓子
安倍照男
村上修
エグゼクティブプロデューサー
三井福成
企画
T-chang
協力プロデューサー
大畑信政
プロデューサー
岡田裕
若月昇
波多野ゆかり
撮影
鈴木耕一
美術
山崎輝
岩本一成
音楽
西岡俊明
録音
福田伸
音響効果
福島行朗
照明
矢部一男
編集
矢船陽介
衣裳/スタイリスト
久保田かおる
助監督
金丸雄一
スクリプター/記録
小泉篤美
スチール
馬場杏輔
制作担当
橋場綾子
鹿追制作デスク
小森忠利
鹿追コーディネーター
菅原末治
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「女はバス停で服を着替えた」以外にこんな作品をCheck-inしています。