凶気の桜のレビュー・感想・評価

メニュー

凶気の桜

劇場公開日 2002年10月19日
7件を表示 映画レビューを書く

スタイリッシュ

窪塚と江口がカッケェ。
久々みたが、面白かった

Keita
Keitaさん / 2019年3月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

渋谷がたくさん見られる

撮影された頃の渋谷には行ったことがないけれど、映画として街並みが残るのはうれしい。あの頃の都会は危険なイメージだった。
桜満開の川は目黒川。渋谷区?

ma-rusuke
ma-rusukeさん / 2019年2月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分に酔った馬鹿が一番怖い

窪塚洋介は佇まい、動き方全てが格好良い。ただ山口の吐くセリフは自分のイデオロギーに酔った軽い政治論に聞こえて虫唾が走る。
この頃の窪塚君は映画に影響されてか、訳のわからない事を言ってた気がするが、復活してくれて本当に良かった。
若い頃に見た時自分はどう思ってたっけな?セリフは嫌いだったけど映像はカッコよく感じてたんだっけ?
大人になってから見ると、何も引っかからない映画だったけど、
馬鹿な子どもが大人に良い様にされる構図は好きだった。
江口洋介扮する消し屋がキャラクターの中では一番好きだった。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2017年11月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

窪塚黄金期の終焉

強すぎる愛国心が故に暴力を正義とし、渋谷を拠点に腐敗した若者を次々と粛清して行く山口らネオトージョーの3人と右翼系の暴力団とそのお抱えの殺し屋を中心に描く社会派バイオレンスムービー。

テアトル新宿にて行われた窪塚洋介ご本人登壇のオールナイト3本上映の2本目にて初鑑賞。
窪塚洋介の黄金期の終焉的作品だと個人的には感じていたがなかなか手を出さずにいた。
もちろん今の窪塚洋介も素晴らしいのは言うまでもないがこの作品をきっかけに一時俳優業の最前から遠ざかってしまった感は否めないと感じる。

残念ながら正直にいうと右翼左翼の思想等を理解していない上に眠気も相まって笑、相当の雰囲気映画に見えてしまった。
窪塚洋介と江口洋介の演技は文句無しだがストーリー性が薄く展開についていけなかった。
山口と市川の決別、ネオトージョーの3人と暴力団と三郎ら3人の対比的構図等面白い作りになっていたが大事なとこ寝てしまったのであまり覚えておらず笑。

監督の方がIWGPやケイゾク、トリックなどの堤幸彦傑作ドラマシリーズにてタイトルパックを担当していたそうでどことなくその雰囲気は通ずるものがあるかなと感じた。
冒頭の山口の便所シーンはもしかしてIWGPの1話冒頭のマコトの便所シーンのオマージュだったりするのかなと少しニヤニヤしながら考えたりとかして多分自分キモかった笑。

オレ
オレさん / 2017年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

凶気でした。

面白いし、興奮してとても素晴らしい娯楽です。
ただ、若者にはぜひこういうことは真似して欲しくないですね。
切実に、鑑賞しながら思っちゃいました。

kikki_tk
kikki_tkさん / 2017年8月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 単純 興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

窪塚洋介目当てで

窪塚洋介目当てで観たのですが
高橋マリ子さんの美しさに敬礼。
内容はあんまりわからなかったのですが
キャストは良かったと思います。

タテスジコ
タテスジコさん / 2014年11月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛国心 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

10代の頃見てよくわからないしあんまり好きじゃない…と思ったのですが(当時女はGO派男は凶気の桜派というわかりやすい別れ方をしてましたw)
歳を重ねたら見方が変わることはよくあるので今ならわかるかもと思って最近になってまた観てみました。

私は別に右とか左はどうでもいいのですが愛国心はもちろんあります。
自分が好き家族が好き恋人が好き友達が好き
それと同じように生まれ育った国が好き。
ごくごく自然なことだと思います。
でもこれは最近になって気付いたこと。

10代の何も知らない子供の私にはこのお話はわかるはずがなかったんだなと思いました。w

でも山口達の年齢を超えたであろう今もやっぱり彼らの気持ちはわかりません。
結局彼らもただの子供で奪還、強制、排泄はイキがったエゴにすぎないし
あれじゃ悪い大人達に利用されてしまうのも頷ける気がします。

ただやっぱり渦中にいると見えないことが多いのはどんなことでも同じ。
大人はそんなに大人じゃないし子供はそんなに子供じゃない。
でも長く生きた人生経験がものをいうときも多々あって結局手の平で転がされてたり。
古くは小さいときに大人がわざとゲームに負けてくれてたところから、子供は大人に騙され(語弊があるけどw)て見通されながら大人になっていって。

横道に逸れましたが渦中にいる時に客観視するのはなかなかできないってことを言いたかっただけです。w
信念を信じる自分と冷静な自分はどんな時も両方持ち合わせていれるようになりたいけどそもそも自分は1人しかいないんだから難しいですよね。

若さというパワーが有り余ってる子供にはそんな頭を使う自分なんて必要ないと思うしバカでいいと思うんです。
心の底からバカになるって大人にはなかなかできない才能だから。
そのエネルギーが間違った方向に向かう時もあるのは当然なので、その時大人が軌道修正してあげるべきなのに
この映画の大人達は転落するように手をひっぱってしまう。
ああはなりたくないものです。

話としては一般になじみがない話んだからもう少しわかりやすくして欲しいなという昔とかわらない感想ですw

キングギドラ、普段全く聞かないけどこの作品にはこれでもかというくらいマッチしててちょっと上がりますw

とりあえず高橋マリコちゃんが可愛すぎた。

77
77さん / 2011年10月3日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報