白い犬とワルツを

劇場公開日

0%
50%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

亡き妻の生まれ変わりと思しき犬と老人の交流を描くメルヘン。監督は、本作が本篇デビューとなる月野木隆。テリー・ケイによる同名ベストセラー小説を基に、「ソクラテス」の森崎東が脚色。撮影を「東京マリーゴールド」の小林達比古が担当している。主演は「助太刀屋助六」の仲代達矢。

2002年製作/99分/日本
配給:東映

ストーリー

40年連れ添った妻・光恵を亡くし、悲しみに暮れる樹木医の英助。通夜の晩、そんな彼の前に一匹の真っ白い牝の犬が現れた。以来、その犬は彼に懐き、英助もまた犬を妻の生まれ変わりと思って心癒されるようになっていくが、不思議なことに由恵と恵美のふたりの娘や妻の古くからの友人で在日韓国人の順礼らには犬の姿は見えないのであった。ある日、順礼の一人息子で、幼い頃に事故で命を落とした英助の息子・英一郎の親友であった秀一が光恵に別れの挨拶をしにやって来た。秀一との再会で、英一郎の遺骨の一部を埋葬した英助の故郷の桜の樹の下に、自分の骨を分骨し一緒に埋葬して欲しいと言う光恵との約束を想い出した英助は、四十九日の日、娘たちの目を盗んで、白い犬とオンボロトラックで旅に出ることに。白い犬の助けを借りて、漸く山中の目的地に到着した英助。彼は、後から追いかけて来た秀一、恵美と共に妻との約束を果たすも、その後、白い犬が彼の前に姿を現すことはなかった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0涙が溢れる

naoさん
2015年1月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

終始涙が止まらない映画でした。

始まった瞬間からこれは泣いてしまうと思いつつ、ここでもかとばかり泣けました。

当たり前のようにそばにいた人が突然いなくなる。今当たり前のように自分のそばにいる人を大切にしたくなる映画です。

最後はその人のそばへまた戻る。
死後の世界はどうなるのか分からないけれど、みんな同じ場所にいけるのだと信じたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nao
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る