少女 an adolescent(2001)のレビュー・感想・評価

少女 an adolescent(2001)

劇場公開日 2001年9月29日
2件を表示 映画レビューを書く

純愛と呼んでいいものか...

まったく共感できない映画でした。
自分にとってはリアリティを感じないため、浮世離れした世界を見せられているっていう感じしか残りませんでした。

まぁ、主人公が自分を愛している相手に刺青を入れるシーンは痛々しくて、印象的でした。こんなことになるんだったら、真っ当に生きたいもんです。

Roy60Jin
Roy60Jinさん / 2019年3月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生理的に気持ち悪い話だったなあ

15の少女とイチャイチャするクズ警官、やがて母娘の愛憎劇を経て背中に刺青を入れて足りない兄を含めた三人の新生活へと旅立つ。
きつい名古屋弁は田舎の閉鎖性を出したかったのか?
小沢まゆが全編に渡ってとにかく頑張ってたのと、夏木マリのスパーンとした叫び声が気持ちいい「陽子ーーー‼」
少女の全裸をこれでもかと撮りたいがための刺青設定かと思うほど。フランス映画だと言われれば、あぁなるほどわけわからんロリコン映画って結構あるからなあと納得した。

mimiccu
mimiccuさん / 2018年6月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報