大学の若大将

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
72%
14%
14%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「続社長道中記 女親分対決の巻」の笠原良三に「女家族」の共同執筆者・田波靖男のオリジナル・シナリオを「黒い画集 ある遭難」の杉江敏男が監督した青春映画。撮影担当は「続社長道中記 女親分対決の巻」の鈴木斌。

1961年製作/82分/日本
原題:Sir Galahad in Campus
配給:東宝

ストーリー

京南大学水泳部の田沼雄一は、明治時代からの歴史を誇るすきやき屋「田能久」の若旦郡である。父久太郎は昔気質の頑固者で、最近は商売仇のステーキハウス「黒馬車」がぐんぐんのしてくるので機嫌が悪い。おまけに雄一が黒馬車で歌手のはるみと仲良く歌っているとあってカンカンに怒った。そんな時、祖母のりきがいつも雄一の味方となって父と子の仲を円くおさめていた。水泳部主催のパーティの日。雄一は同級生の団野京子や、はるみとばかり踊るので石山製菓のキャンデー・ガール中里澄子は面白くない。その夜、雄一は店の肉を持ち出して部員達にオゴってしまったためとうとう久太郎に勘当されてしまった。雄一は夏季休暇をさいわいに、芦ノ湖へアルバイトに出かけた。親友多湖もアルバイトでデパート会社の社長野村家の別荘の管理人をしていた。雄一は、ボート小屋に泊りこみ、ボートの貸し出しと看視人をやっていた。澄子も出張で「ビーチハウス」に来ており、はるみも湖畔ホテルで歌っていた。石山製菓社長のドラ息子で、雄一の同級生石山新次郎は澄子に惚れていて、澄子をヨットに誘った。ヨットの中で新次郎が澄子にケシカラン振舞いに出た時、雄一が澄子を救った。雄一は自分が本当に愛しているのは澄子だとその時悟った。カラリと晴れたある日、雄一は転覆したボートから野村父子を救った。夏休みが終り、水泳部の合宿が始ったある日、野村社長より娘の千枝子を貰ってくれるよう雄一はいわれた。多湖が千枝子を愛していることを知った雄一は、見合いの劇場に多湖を連れて行き、野村社長に千枝さんの相手にふさわしい人はこの人ですといって多湖を紹介した。そんなことを知らない澄子は大むくれである。そんな澄子に新次郎が言い寄った。澄子を乗せた新次郎の車は、通りがかりのりきをはねとばした。雄一の輸血でりきは危機を脱した。そして、澄子の誤解もとけた。雄一は急いで、対抗戦の始っているプールへ帰っていくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5MMKな若大将!

近大さん
2017年1月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

単純

1960年代を代表する東宝のドル箱の一つで、加山雄三の代名詞でもある“若大将”シリーズの記念すべき第1作目。
高度経済成長期の時代を反映する明朗青春娯楽映画。

京南大学生の田沼雄一は、水泳部のエースで、性格も申し分なく、歌も上手く、クラスメイトやバイト先の女の子からモテモテの“若大将”。
ある時バスで老人に席を譲ったマドンナ・澄子に一目惚れ。澄子も雄一が好きだが、ライバル・青大将の邪魔が入り、なかなか素直になれない。
老舗のすき焼き屋を営む頭の固い父とはソリが合わず、とある事から家を追い出され、住み込みのバイト生活の日々。その最中、金持ち親子を助け、縁談の話が。
澄子は嫉妬するが、雄一はこれを断り、あるアクシデントで水泳大会に遅れるが青大将の計らいでギリギリ間に合い、見事優勝、父との仲も解消し、晴れて誤解が解けた澄子と結ばれ、ハッピーエンド。

一話完結で、部活や設定も多少変わるが、毎回毎回ほぼ同じパターン。
ご都合主義を通り越して、いちいちツッコむのが馬鹿らしくなるくらい超人的な強運の持ち主の若大将だが、実の父・上原謙から「今時珍しいくらい謙虚」と感心されるほど、嫌みに感じない突き抜けた好青年像。
大型新人として売り出した加山雄三の魅力を最大限に活かした文字通りの当たり役と言えよう。
星由里子は可愛らしく、田中邦衛はいい感じでうざったい。その他登場キャラも、当初からシリーズ化を狙っていたかのようにすでに出来上がっている。
夏の芦ノ湖ロケの映像が美しく、本当にバカンス気分に浸れる。

シリーズは全17作。
さすがに続けて見るとワンパターンで飽きるだろうが、たまに見ると面白い。

ラスト、まさかの“DAI語”が飛び出すとは!

MMK=モテて、モテて、困る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

3.5若大将シリーズ 記念すべき第1弾。 「歌え! 若さだ! 青春だ!」...

伝馬町さん
2015年5月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

若大将シリーズ 記念すべき第1弾。

「歌え! 若さだ! 青春だ!」
「歌って喰って泳ぎまくる カレッジライフ!」
「恋も喧嘩もドドンパでぶっ飛ばせ!」

団令子も出てるけど、星由里子がやっぱり可愛い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
伝馬町
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る