ルビーフルーツ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

南国の島・バリで織り成される、傷心の女流彫刻家と不老不死の謎めいた女性との禁断の世界を描いた作品。自らの体験を基に書かれた斎藤綾子の原作を、「喪の仕事」の君塚匠が監督・脚色。主演は「エンジェル・ダスト」の南果歩と、「800 TWO LAP RUNNERS」の有村つぐみ。

1995年製作/95分/日本
原題:Ruby Ftuit
配給:東映

ストーリー

女流彫刻家・松永まい子は恋人・加賀美久男を病気で亡くし、傷ついた心を癒すために、彼と計画していたバリ島への旅行を一人で実行する。ところが、空港に到着したまい子は、キョウコという女性にバリに行ったきり行方知れずになってしまった女性・やを代を捜し出して欲しいと頼まれ、写真とブレスレットを渡される。見ず知らずの他人からの依頼を何故か断りきれなかったまい子は、それらを預かってバリへ向かった。バリでは観光案内人・ムリアリが彼女を名所の数々へ案内してくれるが、まい子はやを代のことが気になって仕方がない。そんな時、偶然その写真を見たムリアリの母親が、それはジャングルの奥地に住むシラニだと教えてくれた。だがシラニは非常に恐ろしいパワーを秘めた女性で、近づけば不幸なことが起こるともいう。さらに、まい子は旅の疲れを癒そうと寄ったマジック・マッサージのマッサージ師・サユリに、シラニは人魚の肉を食べて永遠の命を授かったのだという話を聞かされ、否応無しにやを代への興味を募らせる。彼女はムリアリの止めるのも聞かず、ジャングルの奥地へと入って行った。そこにはシラニの魅力に取りつかれ、永遠の命を与えられた三人の女・ヨシミ、ルナ、ミミがいた。彼女たちはシラニとともに“心の快楽と肉体の恍惚”を求めて、夜な夜なその体を貪りあっていた。そんな様子を見せられショックを受けたまい子に、シラニは自分がまい子を求めていたこと、そしてそれを現実のものにしてくれたのがキョウコであることを話した。この信じ難い不思議な運命の糸に操られているような思いに駆られながらも、まい子は次第にシラニの魅力に取りつかれ、ついに彼女と体を重ねてしまうのだった。シラニを愛してしまったまい子は、彼女を東京へ連れ戻し一緒に暮らそうと説得するが、シラニはそれを聞き入れようとしない。その上、三人の女たちにまい子はシラニを殺す運命にあると教えられたまい子は、いよいよもってシラニを自分だけのものにしたい衝動に駆られるのだった。キョウコから受け取った包みの中にナイフを発見したまい子は、まるで何か見えない力に操られるようにシラニを刺す。赤い血を流しながらまい子の腕の中で息絶えるシラニ。そして、ナイフに着いたその血を嘗めたまい子は、永遠の命を得た。悪夢のようなバリでの経験を引きずりながら東京へ戻ったまい子は、急な腹痛に襲われた後、自分のお腹の中に生命が宿るのを感じるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る