優駿 ORACIONのレビュー・感想・評価

メニュー

優駿 ORACION

劇場公開日 1988年7月23日
1件を表示 映画レビューを書く

こんな父親はいないのでは

北海道の小さな牧場が素晴らしい若駒を産出、東京の会社社長(仲代達矢)が買い取り、娘(斉藤由貴)に与える。
社長には愛人(加賀まりこ)がおり、腎臓移植を待つ息子(吉岡秀隆)を抱えていた。
サラブレッドの話だが、取り巻く人たちに説得力が薄く、とても子供っぽい話になってしまった。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年10月25日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi