八つ墓村(1996)のレビュー・感想・評価

八つ墓村(1996)

劇場公開日 1996年10月26日
3件を表示 映画レビューを書く

どう挑む、どう暴く、豊川金田一。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

Amazonプライム・ビデオで2回目の鑑賞。「Hi-Bit Edition」DVDを持っていましたが、売ってしまいました(笑)

当時、にわかに活気付き始めていた“サイコ・ホラー”ブームに乗っかる形で製作された、市川崑監督のメガホンによる久々の金田一映画。
石坂浩二版にあった“ディスカバリー・ジャパン”の精神を引き継ぎ、原作シリーズでも特に人気の高い「八つ墓村」を映像化しました。

野村芳太郎監督による「八つ墓村」とついつい比べてしまいそうになりますが、両作は同一原作を使いながらも全く毛色の違う作品に仕上がっているので、比べるのは酷というもの。
片やおどろおどろしい“ホラー”、片やおどろおどろしい“ミステリー”なのですから…。

市川監督の独特の映像表現の素晴らしさは、もはや言わずもがな。本作でもその技量は十二分に発揮され、“怨念”と“祟り”が充満する世界観を見事に演出しているなぁ、と思いました。
ミステリーには一家言ある監督なので、推理物としての魅力もたっぷり。石坂浩二版よりも飄々さが加速した豊川金田一の、さりげなく事件の手掛かりを集めていく過程が、多少コミカルでもあってとても面白かったです。
しかし、伏線の張り方が少々露骨ではないかなぁ、と感じました。すでに犯人を知っている状態で観ているので、そこまで不満には思いませんでしたが、知らない人が観たら、もしかするとあっさり分かってしまうかも…なんて…。

syu-32
syu-32さん / 2019年3月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD、VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

トヨエツがかっこいい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

セリフ回しとか全体的に説明的で不自然。
仕方ないんだろうけど。

でもトヨエツがかっこいい!

推理の内容は全然難しくないです。
しかも、見事に八人死んでから事件解決しても…。その前に解決しなくていいのかな?笑

でもトヨエツかっこいい!

Mirko811
Mirko811さん / 2013年11月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最も原作に忠実にコンパクトにまとめられた映画・八つ墓村

巨匠・市川崑が久し振りに金田一映画を手掛けた、1996年の作品。

「八つ墓村」の映画と言うと、野村芳太郎作品が有名だが、本作は最も原作に忠実にコンパクトにまとめられた。

大抵脚色される辰弥と美也子が恋に落ちるシーンは無く、大抵カットされる典子の登場、美也子と慎太郎の関係等、原作を読んでいる者としては無難に納得出来る仕上がり。

それでもカットされたシーンは多いが(辰弥と典子の恋、辰弥の実父、財宝伝説等)、原作に全忠実に映像化したら2時間にはとてもとても収まらないので、致し方ない。

豊川金田一は、コミカルで飄々としていて、なかなか好きだ。
この一回で終わってしまったのは残念。

辰弥役の高橋和也は印象薄ッ!
小竹様・小梅様の岸田今日子はハマり役!キャスティングした人は偉い!

市川崑監督はもう亡くなられてしまったが、せめてもう一作、リメイクではなく、金田一映画の新作を撮って欲しかったなぁ…。

近大
近大さん / 2011年6月25日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報