八つ墓村(1977)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
8%
45%
38%
8%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

数奇な運命に生まれた青年が、四百年にわたる怨念が息づく生地を訪れ、続発する血腥い殺人事件にまきこまれる姿を描くミステリー映画。原作は横溝正史の同名小説。脚本は「八甲田山」の橋本忍、監督は「昭和枯れすすき」の野村芳太郎、撮影は「錆びた炎」の川又昂がそれぞれ担当。

1977年製作/151分/日本
配給:松竹

ストーリー

羽田空港、国際線発着誘導員の寺田辰弥は、奇妙な新聞尋ね人欄の呼びかけに誘い込まれるように大阪北浜の諏訪法律事務所を訪ねた。そこで辰弥は母方の祖父井上丑松に初めて会うが、丑松はその場で誰かに毒殺される。辰弥は見えない血縁の糸にたぐり寄せられるように未亡人森美也子の案内で、備中神代駅から車で辰弥の生れ故郷八つ墓村に向かった。途次、長峰峠から連なる山々は、多治見家の所有であり、辰弥はその豪家の後継者であると聞かされる。辰弥はまだ乳呑児の頃、母の鶴子に抱かれて八つ墓村を去った。鶴子は神戸で再婚したが、辰弥が小学生の時、辰弥の生地と実父の名を明かさず、病死した。義父が新しい妻を迎え、次々に弟妹が生れると、辰弥は家を出た。美也子は多治見の分家にあたる森家に嫁したが、夫に死別、いまは関西で手広く事業を経営していた。その美也子が八つ墓村の由来を語る。--永禄九年(一五六六年)毛利に敗れた尼子義孝は、山峡の谷間をはい上がり、この村にたどりついた。義孝ら生残った八名は村外れの荒地を拓いて住みついたが、村祭の夜、村民に欺し討ちにあい全滅した。その時義孝は、この恨みは末代まで崇ると、呪いの言葉を吐きながら死んだ。落武者謀殺の中心人物であった村総代の庄左衛門は毛利家から莫大な山林の権利を与えられ、一躍近郷きっての財産を得て現在の多治見家の基礎を築いた。だが、ある夏の日、庄左衛門は突如発狂し村民七人を斬殺、自ら自分の首を斬り飛ばした。村人は落武者の崇を恐れ、義孝ら八人の屍骸を改めて丁重に葬り祠をたてたことから、村は八つ墓村と呼ばれるようになった--井川丑松の野辺の送りが済んだ翌日、辰弥は多治見家の城郭のような屋敷で、病弱な兄の久弥、姉の春代、この家の実権を握る双生児の伯母小竹、小梅らに引き合わされた。久弥は辰弥と面談中、突然吐血して死んだ。屋敷の離れに起居している辰弥は夜中に小竹と小梅が鍾乳洞を訪れるのを知った。そしてその洞窟の中で辰弥は異母姉の春代と共に鎧武者姿の多治見要蔵を見た。要蔵は春代と辰弥の父であり、その姿は死蝋化していた。春代から二十八年前の戦慄すべき事件が語られる。--要蔵は多治見家の当主であり、妻もありながら、当時二十一才の鶴子を強奪して犯した。多治見家の離れに軟禁された鶴子が一年後に辰弥を連れて逃げたのが原因で要蔵はある夜発狂し、妻を斬殺、村民三十二人を日本刀と猟銃で虐殺した。夜明けとともに要蔵は失踪し、今日まで発見されなかった。しかし小竹と小梅は毎晩洞窟で要蔵と対面を続けていた--私立探偵、金田一耕助は数日前から、この村に瓢々たる姿を現わしていた。金田一は辰弥に、多治見要蔵の子ではないと言う。辰弥はこの村を早く去りたかったが、本当の父親だけは知っておきたかった。辰弥の出生の秘密を知っている小学校の工藤校長が、毒殺された。村民は工藤の死で激昂し、多治見家に押し寄せた。その騒ぎの中で四人目の犠牲者が出る。祈祷師の濃茶の尼が自宅の祭壇の前で死んでいた。毒物はすべて硝酸ストリキニーネである。その夜、小梅が洞窟内で絞殺された。しかも連続殺人の四人までが毒殺ということで最も嫌疑をかけられていた久野医師も洞窟内で小海と相前後して毒殺される。警察と金田一は犯人の目星を失い、辰弥は犯人を求めて洞窟内をさ迷う。村民は一切の災厄は辰弥が持込んだものときめつけている。金田一は辰弥が洞窟から出ることを禁じた。辰弥が本当の弟でないことを知っていた春代は、辰弥を秘かに愛していた。辰弥の身を案じて洞窟に入った春代は、真犯人に襲われ瀕死の重傷を負い、犯人の指に噛みつき、指を怪我させたと言い残すと、辰弥の腕の中で息絶える。地上では金田一が遂に犯人をつきとめていた。洞窟内では辰弥が自分の誕生の場所である竜のアギトを発見し、その荘麗な造化の妙に心うたれた。食物と水を運んできた美也子と感動のあまり抱擁するが、美也子の右手の薬指の包帯を見て、彼女が真犯人であることを知る。美也子は恐ろしい形相に変り、一切を知った辰弥を殺そうとつかみかかる。その時、洞窟に落盤が起こった。落盤で空いた穴から、黒い蝶のようなコウモリの群れが地上に飛び立っていく。呪われた最後の一人、小竹の残る多治見家を目指して、まっしぐらに襲いかかる。美也子は岩石の下敷になって静かに横たわっていた。地上に出た辰弥は、炎上する多治見家から遠く長峰峠を眺めた。そこでは、八人の落武者が燃え盛る多治見家を見下している。それは、四百年にわたる“八つ墓村”の怨念が崩れ去るかのようであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第1回 日本アカデミー賞(1978年)

受賞

音楽賞 芥川也寸志

ノミネート

脚本賞 橋本忍
主演男優賞 渥美清
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • インスマスを覆う影
  • 乱歩 妖しき女たち
  • 爆裂魔神少女 バーストマシンガール
  • ハングマンズ・ノット
  • ファミリー☆ウォーズ
  • メランコリック
  • オー・マイ・ゼット!
  • トリハダ 劇場版
  • トリハダ 劇場版2
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5日本むかし話

2021年5月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

怖い

寝られる

津山事件を元にした、山崎努が村人を襲うシーンはなかなかの迫力。映像の古めかしさと市原悦子の声で、日本むかし話を観ているかのようで楽しかったが、いや〜151分は長すぎる。途中で犯人がわかってから眠くなり、んっ!渥美清??寅さんが出てるって寝ぼけてしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie freaks

5.0古い日本の因習と現代との軋み 怪奇性への強い傾斜 横溝作品世界の核心を捉えた傑作だと思います

あき240さん
2021年1月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1977年10月公開、松竹製作

同年は4月に「悪魔の手毬歌」、8月に「獄門島」が東宝から公開されています
ですからその年は本作をいれると3作品も横溝正史の金田一耕介シリーズの映画が立て続けに公開されたということです
しかも、年が開けた翌1978年2月には「女王蜂」が公開されるのです
どれも大きな予算を掛けて撮られ、広告キャンペーンにも巨額が投じられていました
集中豪雨のようなありさまです
この凄まじいブームの最高潮の中で本作は公開されたわけです

横溝作品の映画は角川映画というイメージがありますが、角川製作はこの70年代のブームの最初の作品「犬神家の一族」と、1979年7月公開の「金田一耕助の冒険」の2作品だけです
その他の作品は、ATG、東宝、松竹、東映と各社で製作されています

1976年の「犬神家の一族」が大成功したので、東宝は1979年の「病院坂の首縊りの家」まで立て続けに4作品を、東宝作品として製作します
市川崑監督、石坂浩二主演は「犬神家の一族」と同じなので、シリーズは都合計5作品とされているわけです

実は角川は文庫本を売る為のメディアミックス商法として「犬神家の一族」を製作しただけであり、この時点では映画を作りたかったわけではなかったのです
それも本当は映画化企画を映画会社に持ち込んで作ってもらう程度で考えていたと思われます
横溝作品は戦後小説誌に連載されて人気を博して
1949年から1961年にかけて11本も様々な主演俳優と映画会社で映画化されてきました
しかし、松本清張などの社会派小説が台頭した1960年代に入ると、この第一次横溝ブームは終わり、いつしか過去の忘れ去られた作家になっていました

第2次ブームはそれからしばらくたった1968年、
その彼の代表作のひとつ「八つ墓村」が、劇画化されて少年マガジンで連載され人気を博したことがきっかけです
怪獣ブームが一段落して、妖怪や怪奇、オカルトなどにブームが移っていったことが反映されたと思われます

横溝正史の作品が角川で文庫本になったのは1971年のこと
その劇画のファンだった子供達が、70年代に入ると文庫本の読者層の青年期になったということです
最初に角川文庫として刊行された作品は「八つ墓村」であるのは当然のことでした
これがベストセラーとなり、他の作品を文庫化すると次から次に売れ始めたのです

となると映画化しようという話がでるのは当然です
真っ先に目をつけたのは高林陽一監督です
彼はATGで「本陣殺人事件」を中尾彬主演で撮り、1975年9月に公開します
ところがこの作品は予算的な制約から現代劇として製作され、雰囲気も昔の映画化作品のように横溝正史の小説の怪奇さや淫靡さといったものが希薄であったのです
文庫本や劇画の読書が求めるイメージの映像ではなかったのです

それで角川は読者が求める本格的な横溝作品の映画化をやりたいと考えたものと思われます

そこで、まだ一度も横溝作品の映画化に手をつけておらず、文芸ものが得意というイメージのある松竹に映画化の企画を持ち込んで、同じ1975年に松竹と「八つ墓村」の映画化契約をしたのです
何故「八つ墓村」?
それは「八つ墓村」が第2次ブームのきっかけであるのですから、これでなければならなかったのです

ところが、松竹はのんびりしていて、なかなか映画の話が前に進まない
折しも、角川の社長が30代の若い角川春樹社長に交代します

文庫本の売上は、当時の日本史上最大のスーパーベストセラーの日本沈没の400万部を超える、合計発行数を叩き出していましたから、角川には唸る程の資金もあったのです
そこで自ら出資して、他の映画会社に先に「八つ墓村」以外の作品を製作してもらった方が早い!という考えにいたった
このような流れのようです

つまり松竹は良いものを作ろうとじっくりと準備していたら、角川と東宝に先を越されてしまったという形です

文句もいいたくなりますが、映画化の権利は角川が握っていますし、スーパーベストセラーで一大ブームの横溝作品の映画、それもその一番の代表作の映画化の契約を結んでいるわけですから、反古にすることはできません

東宝が次から次に大ヒットを市川崑監督で飛ばすのを指を咥えてみつつ、さらにじっくりと構想とロケハンを進めたのが本作と言うわけです

松竹の本作の製作の布陣は1974年の日本映画の金字塔「砂の器」のスタッフが再結集して撮ると決まりました
つまり松竹として考えうる最高のスタッフで撮るということです

そしてそれ以上の成功を得るのだという意味です
それは当然、作品の内容も興行の数字も「砂の器」を上回るものであり、そして誰も口にださなくとも、東宝の市川崑監督による横溝作品を凌駕するものを目指すのだということです

監督、野村芳太郎
脚本、橋本忍
撮影、川又昂
音楽、芥川也寸志

この布陣はそういうことです
当時の最強スタッフであったのは間違いないです

では何故1975年に映画化契約をしたのに、公開が1977年10月の末になるほど遅くなったのはなぜなのでしょうか?

脚本に難航したこと、ロケハンに日本中探索をしたことが色々な資料にあります

横溝作品はどれも登場人物が多く、またその関係がとりわけ複雑に入り組んで、小説でも何度もページを戻って確認しながら読まないと混乱してしまう程です
これをまともに脚本にしたらならば、原作小説を暗記しているほどの愛読者でないとついていけないものになってしまうでしょう

つまり、小説は小説、映画は映画として内容を整理して、焦点を当てるところ、強調するところ、単純化したり省略したりすることをやらないと、映画としての魅力が成り立たない
そういうことだと思います

クラシック音楽には楽譜という絶対的なものがあります
しかし、演奏者や、とりわけ指揮者によって全く印象が異なってくるのと同じことだと思います

同じ原作でもそれをどう表現するのか、何に重点を置くのか、その違いこそが映画化作品の価値でもあるのだと思います
完全に原作と同一であることに拘る必要性は無いと思います

野村監督と脚本の橋本忍は「砂の器」と同じく悩んだと思います
本作では原作の何にポイントを置くのか?観客が望んでいるものはなにか?
推理の謎解きなのか?、怪奇的な雰囲気なのか?
その答えは後者であると選択され撮影されたのが本作ということです
自分自身も横溝作品に期待するものは、江戸川乱歩にも似た怪奇性、淫靡的、耽美的な雰囲気が濃厚であるものです
これを強調するために、敢えて現代に時代を移し、しかも主人公を空港のジェット機の誘導員という現代性の最先端に設定して、八つ墓村の古い因習に満ちた土地との対比を明確にしています
羽田空港、新幹線、在来線、車、と山奥の村に近づくにつれ時代を遡るように、私達観客もまた八つ墓村という、日本人の誰もが持つ古い精神世界がそのままの形で取り残されたところに連れていかれるのです
そして、幼いころ田舎の家で祖父や祖母から聞かされた怖い昔話を思いだすような構造に仕立ててあるのです
全く見事だと思います

配役は萩原健一、小川真由美、山崎努
これまた全く見事
序盤の32人殺しのシーンはもう伝説のシーンです
永遠に語り継がれる日本映画屈指の有名シーンです

問題はやはり渥美清
原作のイメージとは解離が激しい
時代を現代にした以上、金田一耕介が袴に着物という訳には行きません
それでも近づけることはできたはずです
フーテン風の長髪、バケットハット、ジーンズ
そんなものでも違和感なかったはず
問題は渥美清では、どこか抜けたところのあるインテリ感が皆無だということです
それが金田一耕介の基本的な雰囲気のはず
渥美清は原作者の横溝正史の指名として名前がででてしまった以上変えられなくなったのが本作の最大の失敗であったと思います
もし、古谷一行であったならどうか?
そう考えると残念でなりません

しかし、決して悪い訳ではありません
これはこれで良いのです
こういう金田一耕介も十二分にありと思います

しかし石坂浩二の原作イメージに最高に合致した映像を見てしまったからにはどうしても、それを金田一役に求めてしまうのです

日本全国の鍾乳洞を調べ尽くして、各地で場面に応じたロケを行って繋げた洞窟シーンは圧巻です

カメラの川又昂は照明技師の抜群の腕前にも支えられて、暗くて狭い洞窟の内部を、あのように美しくはっきりと撮影して見せています

それだけで、こりゃ撮影に時間がかかったのは当然だ!と感嘆しました

この洞窟内部のシーンがチープであれば全てが台無しになるのですから

多治見家の屋敷、村の遠景、村の食堂、各地の寺
これらのロケハンもまた見事なものでした

音楽もキャッチーな旋律こそないものの、格調の高い素晴らしいものでした

砂の器までには届かなくとも、東宝の金田一シリーズには十分肩を並べています
それは石坂浩二の金田一耕介があってのことです
部分的には勝っているといえると思います

古い日本の因習と現代との軋み
怪奇性への強い傾斜
横溝作品世界の核心を捉えた傑作だと思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
あき240

4.0子供のころに観た記憶

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

子供のころにテレビでみた記憶があり、主人公が村に帰ってきて、帰ってきてはならぬと村人に言われたシーン、落武者が殺されるシーンも覚えていた。

どんな映画だったかもう一度みたくなり観てみた。金田一が石坂浩二ではなくて渥美清。主人公はショーケン。

配役に小川真由美、山本陽子と豪華メンバー。山本陽子は上品な顔立ちで好み。400年前の因果応報と現代の無差別殺人の因果応報につなげている。

構成は間延びしているような印象はしたが、1970年代の色合いや当時、まだ残っていた村社会の感じが出ている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
菜野 灯

2.5松本清張みの強さ

ipxqiさん
2020年5月24日
iPhoneアプリから投稿

「砂の器」の布陣なので当たり前と言えば当たり前かも知れませんが、今見るとロングショットに物哀しいストリングスのテーマ曲がかかるところとか、横溝正史というよりは、ザ昭和の松本清張感がすごい。
少し前に一度観てまた今回2度目。
若くて寡黙な役柄のショーケンは、美男ではないけどセクシー。山本陽子も小川真由美も麗しく、目の保養にはなります。
2時間半のうち2時間までは楽しめたのですが、残りの30分がめっちゃ長く、正直睡魔との闘いでした。
テーマ的には「ヘレディタリー」的なオチですが、途中まで推理ものの流れを取りつつ、強引にそこへ急カーブを切るのはさすがの橋本忍でもかなりの力技感が否めません。
貴重な渥美金田一は、がんばって心の眼で寅さんに見えないようするので精一杯でした。
独特な地形を持つ村のロケーションとか、祭りや葬式の風俗など画面の楽しさもあります。
ただやっぱりあのオチは、頭ではわかっても、気持ち的に納得できないものが残るのでした。
無粋とは思いつつ、ホラーなのか推理なのかはっきりして、とつい言いたくなります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ipxqi
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る