「別に薬師丸ひろ子の設定が超能力少女でなくとも…」野性の証明 近大さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「野性の証明」 > レビュー > 近大さんのレビュー
メニュー

野性の証明

劇場公開日 1978年10月7日
全14件中、13件目を表示
  •  
映画レビューを書く

別に薬師丸ひろ子の設定が超能力少女でなくとも…

東北の山中で、村人が大量虐殺される事件が発生。少女が一人生き残り、元自衛隊員の主人公が養子として引き取る。だが、静かな生活を送っていた二人に、暗い過去が忍び寄る…。

「人間の証明」に続いて森村誠一の小説を映画化した角川映画。1978年の作品。

スケールも出演者の面々も「人間の証明」以上。自衛隊協力で、超大作の風格充分。

だけど、肝心の中身が微妙。
スケールの大きいアクション映画にしたいのか、人間を掘り下げた重厚なドラマにしたいのか、どっちつかず。
若い薬師丸ひろ子は可愛いが、超能力少女という設定が浮いている。
まだ「人間の証明」の方が一本のエンタメ映画として面白かったかも。

「人間の証明」も「野性の証明」も大野雄二が音楽を手掛けているからか、音楽が「ルパン三世」っぽい。

近大
さん / 2013年10月20日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報