夜叉のレビュー・感想・評価

メニュー

夜叉

劇場公開日 1985年8月31日
12件を表示 映画レビューを書く

田中裕子と北の海

高倉健はなぜ降籏康夫と組み続けたんだろうか…。
正直、降籏康夫作品ってどれも薄っぺらく思えて、自分的には評価できない。

高倉健が演じるのは“いいヤクザ”と相場が決まっているのだが、この映画の健さんは怖いヤクザなのかいいヤクザなのかハッキリしない。
元ヤクザの漁師としての立ち位置はハッキリしてはいるが、結局田中裕子と寝てしまって、健気な妻と子供達を犠牲にするあたり、前述のヤクザキャラが不明瞭なために筋が通っていない。
だから、この健さんはカッコ良くないのだ。

結局、この映画は、寒々しい漁師町の風景を見せることがテーマになっていて、そこは見事なロケーションで活写されている。
そして、田中裕子だ。
恐らく、あの時のベストなキャスティングだったと思う。
いしだあゆみ、田中邦衛も適材適所の役回りだったし、ビートたけしに至っては、あれは演技じゃないだろうという感じ。
この辺りが、この作品を見せる映画にしている。

kazz
kazzさん / 2018年1月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった!

午前10時の映画祭にて鑑賞。
まともな感想が書きにくいが(^^;
田中裕子の色気といしだあゆみの美しさに圧倒された。
健さんの格好良さを堪能する映画と聞いていたのであまり期待していなかったが、面白かった。

uttiee56
uttiee56さん / 2017年12月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さすがの高倉健 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

日本海に面した小さな漁港。漁師として働く修治は十五年前に大阪ミナミでのヤクザ暮らしから足を洗い、妻の冬子、三人の子供、そして冬子の母うめと一緒に静かな生活を送っていた。修治の過去の名残りは背中一面の夜叉の刺青で、冬子とうめ以外は誰も知らない。冬、ミナミから螢子という子連れの女が流れてきて螢という呑み屋を開いた。螢子の妖しい美しさに惹かれて漁師たちが集まってきた。数カ月後、螢子のもとに矢島という男がやってきた。ヤクザで螢子のヒモだ。矢島は漁師たちを賭け麻雀で誘い込み、覚醒剤を売りつけた。修治と仲のよい啓太もこれに引っかかった。修治の脳裡には覚醒剤がもとで死んだ妹、夏子の辛い思い出がよぎった。それは、シャブの運び屋がかつて修治の弟分だったトシオだったことと無関係ではない。修治は螢子にシャブを隠した方がいいと忠告、いわれた通りにした螢子を、矢島は包丁を持って追いかけた。止めに入った修治のシャツを矢島の包丁が斬り裂いた。隠し続けた背中一面の刺青がむき出しにされ、修治の過去はたちまち街中に知れ渡った。一方、螢子は矢島の子を流産してしまう。ミナミに帰りたい、そんな螢子の気持は修治に通じるものでもあった。二人はミナミという共通の過去に想いをよせて、抱き合った。その頃、矢島がシャブの代金を払えなくなりミナミに連れ去られた。螢子は、矢島を助けてほしいと修治に頼んだ。修治は若かりし頃のミナミでの修羅の数々を思い出し、うちから燃えあがるものを押さえることができなかった。ミナミにのり込んだ修治は組織から矢島を取り戻したものの、矢島はトシオに殺されてしまう。ひっそりと漁村に帰ってくる修治、そしてミナミに帰っていく螢子。列車の中で、螢子は夜叉・修治の子を身篭もっていることに気がついた。高倉健の他、田中裕子・いしだあゆみ・ビートたけしなど豪華な配役。古さを感じない作品。

Takashi
Takashiさん / 2017年12月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夜叉<女夜叉

これは期待以上に面白くてアッという間にエンディング。最初から最後まで見応え充分でスクリーンに釘付けになりました。主役の夜叉(高倉健)以上に女夜叉(田中裕子)の存在感に圧倒され心を奪われます。
(午前十時の映画祭にて鑑賞)
2017-177

隣組
隣組さん / 2017年12月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女たちの夜叉 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

背中で語る高倉健だが、今作では背中を見せられない。
何故ならその背中には…

冬の嵐吹き荒れる日本海の浜で漁師として生きる男、修治。
妻が居て子供が居て、実直で真面目で仲間から慕われているが、ある時彼の過去が明かされる。
背中に刻まれた夜叉の刺青。
大阪・ミナミの伝説のヤクザであった…。

高倉健がヤクザの世界から足を洗って約10年。
「ザ・ヤクザ」は洋画なのでちと例外として、久し振りにヤクザの世界に戻った本作。
フリーになってからのスタイルである武骨で不器用な漢。
かつて星の数ほど演じてきたヤクザの侠。
その二つが合わさった、まさに高倉健の為の役柄。
海の男として浜に佇む姿も様になっているが、冒頭のミナミ時代の白帽子白スーツ姿。狙い過ぎでもあるが、やはり画になる。
修治の過去が知れ渡ると、浜でヒソヒソ噂、陰口。
元ヤクザの肩書きはさすがに誰でも怪訝するが、女の為に足を洗い、浜で暮らした15年は偽りじゃない。
妻・いしだあゆみの言葉がごもっとも。
「あの人が何をしたの」

修治の平穏を突如狂わしたのが、ふらりと浜にやって来た一組の男女。
浜で居酒屋を開いた女、螢子。
都会から来た惚れ惚れするような女の色香に修治も惑わされる。
田中裕子のいい女っぷり、ベッドでのあどけない表情に、男なら虜になってしまう。
そんな螢子には、ヤク中でギャンブラーでヒモのろくでなしが。
ビートたけしの狂演。包丁を振りかざして暴れるシーンは、演技じゃなく地だろうと散々言われたであろう。
悪行祟ってヤクザの囚われの身に。
終盤、修治は彼を助けに再びミナミへ。
ろくでなしでも、螢子は彼を…。
惚れても実らない女の為に、我が身を危険に晒せるだろうか。
それでも我が身を投じる、侠の美学。

男と女の壮絶な愛憎劇。
受け身のように見えて、しかし実は男たちを振り回し、惑わす女たちの物語でもある。
同じ男を愛したいしだあゆみと田中裕子の対峙シーンは緊迫。
田中裕子のラストカット。
女の夜叉が笑う。

近大
近大さん / 2017年5月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ストーリーはあってないようなものです。キャストがそれぞれの絶頂期に...

ストーリーはあってないようなものです。キャストがそれぞれの絶頂期にあることでこの作品は輝いています。
たけし、包丁振り回す狂気の男。これはほぼ地でしょう、はまりすぎです(笑)
田中裕子、艶っぽい中に幼さあり。全ての男は魅了されるはず。
眼光鋭い健さんももちろん最高です。夜叉の入れ墨、さすが似合ってます。真似する愚者が出そうなのが、ちと心配。
健さん、石田あゆみ、そして田中裕子が対峙する酒場の場面。半端ない緊迫感です。
そして田中裕子の最後の笑顔。貞子なんて比じゃない怖さ、まさに夜叉そのものです。

はむひろみ
はむひろみさん / 2016年6月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

三部作

一部が『駅』
二部が『夜叉』
三部が『あなたへ』

降旗監督と健さんの壮大なシリーズ

よしよし
よしよしさん / 2015年11月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

昭和の演歌のような話

総合70点 ( ストーリー:65点|キャスト:80点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:70点 )

 冬の日本海の荒波が押し寄せる猟師町で、過去を背負った男女の愛憎劇と犯罪が渦巻く。昭和の演歌の世界のような話だが、登場人物の持つ背景や哀愁が魅力的で楽しめた。高倉健に加えて、惚れた男に振り回されるいしだあゆみと田中裕子の2人は存在感があった。北野武がロクデナシな役を演じるが、いかにもロクデナシらしいのはいい。昭和の時代に早くも彼が高倉健と共演していたのは知らなかった。

Cape God
Cape Godさん / 2015年11月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

約30年前

まだ自分が高校生だった約30年前。同級生の女の子が、この映画の田中裕子みたいになりたいと言ってたことを急に思いだし、借りてみた。
まさかこのタイミングで高倉健の映画を見ることになるとはw
人のために命をかける夜叉の修司とそれに惚れる女2人。
時代を感じる男女の形ではあるが、渋い健さんと可愛らしい田中裕子、翻弄される石田あゆみの演技が光る。
敦賀の浜の風景や、若いビートたけしも楽しめる。

赤い彗星
赤い彗星さん / 2015年2月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

蛍光の下。

福井県敦賀、冬。雪の舞う中、仕事する漁師たち。大阪ミナミからやってきた女・蛍子が店を始めて…。
蛍子役・田中裕子、世間から後ろ指さされる恋路を選んでしまうイタさ、たまらなくイイ。
そして、グッと色々な感情を抑制して待つ女・いしだあゆみ。健さんイイなぁー。

とはいえ、ここに描かれている女性像は、当時の男性の理想を具現化しただけのものであると考えると、男性優位社会に合わせて生きることを陰に陽に強いられる、女性のしんどさも感じました。

Nori
Noriさん / 2014年12月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

田中裕子かわいい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 たけしの凄まじい通り魔っぷり、切れっぷり、田中裕子のかわいらしい性悪女っぷりが素晴らしかった。シングルマザーでヤクザの女なのに、健さんとちゃっかり体の関係になっているので、油断もすきもない。しかし健さんも抗えないかわいらしさだったのでどうしようもなかった。

 田中邦衛がシャブを「栄養剤」と呼んで大喜びしている様子が微笑ましかった。ASUKAを彷彿とさせた。

 BS日テレで見た。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2014年5月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お洒落な健さん

夜叉の刺青がいい
田中裕子が可愛すぎる
いしだあゆみ、やっぱりいいなぁ。
荒ぶる日本海はさすが木村大作

個人的下書き
個人的下書きさん / 2013年10月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

12件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報