乱れる

劇場公開日

解説

「みれん」の松山善三がオリジナル・シナリオを執筆、「女の歴史」の成瀬巳喜男が監督した女性ドラマ。撮影もコンビの安本淳。

1964年製作/98分/日本
原題:Yearning
配給:東宝

ストーリー

礼子は戦争中学徒動員で清水に派遣された際、しずに見染められて森田屋酒店に嫁いだ。子供も出来ないまま、夫に先だたれ、嫁ぎ先とはいえ、他人の中で礼子は森田家をきりもりしていた。森田家の次男幸司は、最近、東京の会社をやめ、清水に帰っていた。何が原因か、女遊びや、パチンコ喧嘩と、その無軌道ぶりは手をつけられない程だ。そんな幸司をいつも、優しくむかえるのは、義姉の礼子だった。再婚話しも断り、十八年この家にいたのも、次男の幸司が成長する迄と思えばこそであった。ある日見知らぬ女との、交際で口喧嘩となった礼子に幸司は、今までわだかまっていた胸の内をはきすてるように言った。馬鹿と言われようが、卑怯者といわれようが、僕は義姉さんの側にいたい」義姉への慕情が純粋であるだけに苦しみ続けた幸司だったのだ。それからの幸司は真剣に店をきりもりした。社長を幸司にしてスーパーマーケットにする話がもちあがった日、礼子は家族を集め『せっかくの良い計画も、私が邪魔しているからです、私がこの店から手をひいて、幸司さんに先頭に立ってスーパーマーケットをやって欲しい。私も元の貝塚礼子に戻って新しい人生に出発します私にも隠していましたが、好きな人が郷里にいるのです』とうちあけた。荷造りをする礼子に、幸司は「義姉さんは何故自分ばっかり傷つけるんだ」と責めた。『私は死んだ夫を今でも愛してる、この気持は貴君には分からない』礼子の出発の日、動き出した車の中に、思いがげない幸司の姿があった。『送っていきたいんだ!!いいだろ』幸司の眼も美しく澄んでいた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5最後の刮目する表情は感情と肉体が相反する究極の官能美

2021年10月27日
スマートフォンから投稿

興奮

知的

萌える

もうタイトルが全てなのですが、最後の高峰秀子の表情に貴方がなにを見るのか、というのがこの映画の全てなのだと思う。

終盤の彼女の"こんなことになるなんて思わなかった"と言う言葉はあまりにも白々しいと思わないだろうか。

序盤から高峰秀子扮する未亡人は胸を強調するようなニットを着ていてかなりセクシーである。女として見られたいという欲望が最初の酒屋でのシーンですでに現れているのである。

この映画は言葉が全く信用できない。
高峰秀子は"わたしは唯一嘘をつきました。"と加山雄三に告白するが、正直彼女は自分が嘘をついていると認識しないで無意識に息を吐くように嘘をつく女なのだ。いや、加山雄三の存在が彼女をそうさせたのだ。加山の告白が彼女の中の女を呼び覚ましてしまったのだ。

この映画の世界では表情、声色、仕草にこそ真実があると教えてくれる。目は口ほどにものをいうと言われるがまさしくそれである。実は究極のリアリズム表現なのだ。隠せない肉体の反応にこそ真実はある。そして恋は儚く、死とつねに隣り合わせにある。

最後の高峰の表情は彼女のあまりの突然の悲劇への驚きと強い悲しみや焦りの感情があらわれてはいるものの、彼が自分を思い、自分のために死んでいったことに対する突き上げるような快楽に肉体が我慢ができなくなっており目が爛々と輝いているように見える。しかも、よく見ると口元が一瞬ほころぶのである(怖い)。張り付く乱れた前髪はまるで性行している最中のようにすら見えるのである。恐ろしい作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
hatakeyamad

4.0【”女ですもの、私だって・・。”戦後の復興していく町の小さな酒屋で起こった事。品の良い、切ないメロドラマ。】

NOBUさん
2021年3月9日
PCから投稿

悲しい

知的

難しい

ー 今作の脚本は、松山善三氏である。今作製作時には、ヒロインを演じた高峰秀子さんとは結婚されている。 ー

 ◆お二人は、日本のみならず、世界を共に旅行されており共著で「旅は道づれシリーズ」を出されているが、如何に仲が良い夫婦であったのかが、良く分かる。今作品でも、高峰さんは、夫が書き下ろした脚本と、成瀬巳喜男監督に、全幅の信頼を寄せて、演技したのであろう・・。-

■感想
 ・戦後の復興していく町の小さな酒屋が今作の舞台であるが、当時、進出してきた”マーケット”に対しての小売店の経営状況や、それまで店に関わっていなかった酒屋の娘達が、マーケットにする話を聞きつけて、独りで店を切り盛りしてきた、戦死した長男の嫁礼子(高峰秀子)を、何だかんだ言って、店から追い出そうとする姿。
 そして、礼子がそれに憤慨することなく、潔く身を引こうとする姿。
 だが、正義感ある、酒屋の二男(加山雄三)が、礼子への想いを吐露し、彼女を見送ると言って、同じ汽車に乗って・・。

 ・礼子は、義理の弟からの思いがけない告白に、心乱れ・・。二人で途中下車・・。

<現代であれば、ここら辺からドロドロとした話になって行く感じがするが、流石、成瀬巳喜男監督と、松山善三氏はそのようにはせずに、”より深いドラマ”に仕立て上げている作品である。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

3.0基本的に、森田酒店の話、「近所にスーパーが出来て大変だ」がメイン

KEOさん
2020年12月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KEO

4.0加山雄三がサークの映画のようだ

2020年3月24日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

成瀬の映画の中でもダグラス•サークに接近した作風のように思う。加山雄三と高峰秀子、この2人の善良さを中心にしたメロドラマということになるのだろうか。

だが、微笑んで観ているといきなり画面に成瀬巳喜男が立ち上がってくる。加山雄三が積年の気持ちを高峰秀子に伝えるというシーン。限定された照明の中で、部屋の敷居の境界線を利用して俳優の気持ちを表現したかに見える演出。浮かび上がるような胸上のアップカット。男と女という観念が突如画面の上で再定義されていく感じがまさに。
さすがに今の感覚で観ていると高峰秀子はカマトト過ぎるような気もするが...恐らく彼女にとっては加山雄三との恋は初恋だったのだろう。そう考えると得心がいく。初恋に乱れるということを描いた映画だったのだ。
加山雄三の死はさすがに取ってつけだと思うけど。

それにしても、この年代の映画にしてスーパーマーケットと小売店という世界観をやっていたんだなという所も新鮮だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ニックル
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「乱れる」以外にこんな作品をCheck-inしています。