真昼の暗黒のレビュー・感想・評価

メニュー

真昼の暗黒

劇場公開日 1956年3月27日
1件を表示 映画レビューを書く

冤罪を生む制度

自白を疑ったり、取り調べを見える様にしたり。これらは、冤罪を防止する対策だが、対症療法に過ぎないのではないか。科学的鑑識があっても、少ない証拠や状況証拠で罪が無意識に捏造されるかもしれない。警察は取調べ方法の非を知っても、容疑者が犯人であると疑っていない。権力、人、罪、証明等、これらの奥にある冤罪のメカニズムを解く必要がある。

ひろち
ひろちさん / 2018年5月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi