劇場公開日 1976年10月16日

ひとごろしのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全2件を表示

4.0脚本が素晴らしい

kossyさん
2018年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 松田優作のオーバーアクション。妹かねにもこばかにされるほど。臆病な侍の双子は道中、ばったり出会うが、縮み倒れてしまう・・・まともな勝負をしても勝てる見込みはまったくないので、彼なりの勝負に出た。彼を追い掛け回して「ひとごろしー!」と叫んで、周りの人間に注意を呼びかけ、彼を窮地に追い込むという手に出たのだ。

 越前から富山藩に辿りつき、結局試合をするハメになった双子だが、ここではまた新たな作戦を思いつく。狂った振りをすることだ。バカらしくて勝負を諦めた昂軒は江戸へ行き切腹しようとしていたのだが、さらに双子は追いかけて「ひとごろし」呼ばわりする。

 侍であっても人を斬ったことのある者はそんなにいないという事実や、弱き者が強者に勝つこと。単純な小噺のような映画なのに奥が深いとも思わせる。ちょっと得した気分にさせてくれた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5つかず離れずの距離をどう保つか

Cape Godさん
2013年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

総合:65点
ストーリー: 60
キャスト: 75
演出: 60
ビジュアル: 70
音楽: 60

 正面きって戦うだけが武士ではない。臆病で剣術もからっきしなら、自分に出来るやり方で相手に対峙する。こういう話もいいかなとは思う。

 だが、拡声器もない時代に「ひとごろし」と叫んで聞こえる距離なのに、それでもいつも追いかけようとする相手から逃げ切れるというのが気になる。相手は鍛え抜かれた武芸者、しかも途中からは松田優作は女連れ、いつもそれで逃げることが出来るというのがどうにもおかしい。つかず離れずの距離を保ち、相手が精神的に追い詰められるほどいつも叫んでいつも逃げられるというのが話の根本になっているだけに、そのあたりが成立しないと話そのものが成立しなくなる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
「ひとごろし」の作品トップへ