「脚本が素晴らしい」ひとごろし kossykossyさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ひとごろし」 > レビュー > kossykossyさんのレビュー
メニュー

ひとごろし

劇場公開日 1976年10月16日
全4件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

脚本が素晴らしい

 松田優作のオーバーアクション。妹かねにもこばかにされるほど。臆病な侍の双子は道中、ばったり出会うが、縮み倒れてしまう・・・まともな勝負をしても勝てる見込みはまったくないので、彼なりの勝負に出た。彼を追い掛け回して「ひとごろしー!」と叫んで、周りの人間に注意を呼びかけ、彼を窮地に追い込むという手に出たのだ。

 越前から富山藩に辿りつき、結局試合をするハメになった双子だが、ここではまた新たな作戦を思いつく。狂った振りをすることだ。バカらしくて勝負を諦めた昂軒は江戸へ行き切腹しようとしていたのだが、さらに双子は追いかけて「ひとごろし」呼ばわりする。

 侍であっても人を斬ったことのある者はそんなにいないという事実や、弱き者が強者に勝つこと。単純な小噺のような映画なのに奥が深いとも思わせる。ちょっと得した気分にさせてくれた。

kossy
さん / 2018年12月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報