日本一のホラ吹き男

劇場公開日

0%
71%
29%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「社長紳士録」の笠原良三のオリジナル・シナリオを「続若い季節」の古沢憲吾が監督したサラリーマン喜劇。撮影は「お姐ちゃん三代記」の飯村正。

1964年製作/92分/日本
配給:東宝

ストーリー

東京オリンピックを目指して、日本期待の三段跳びのホープ初等は、今日も猛トレーニングに励んでいた。がアキレス腱切断の重傷を負い入院中、祖先の伝記を手に入れた。“大ボラ吹けど、必ず実現して、浪人から一万石の大名に三段出世……”という伝記に勇気づけられた、初等は日本一の大会社「増益電機」に入社を決心した。入試試験で大ボラを吹いて、更にミス増益電機の可那子にチョッカイを出すずうずうしさだ。就職試験には失敗したが、増田社長にあの手この手でご機嫌伺いすると正社員に坐った。営業部に配置された初等は、「こんな仕事は一月で卒業して係長に昇進」と大ラッパを吹くと、睡眠時間三時間で大奮闘、予言通り、係長にスピード出世。強心臓を買われて、宣伝課づけとなった初等は、「三カ月で課長になって見せると」宣言すると、研究所技師の井川の冷暖電球うりこみに、自からテレビのコマーシャルを買って出る次第。片想いの可那子にも“初等を信じなさい”と強引にプロポーズ。増益電機では、彼の大ボラに大混乱となったが、信用第一と冷暖電球の量産にふみきった。がこれが大当りで、初等は一躍秘書課長に抜擢された。可那子もすっかり、彼の見事さにのまれて“結婚してよ”といい出す始末。だが初等は“あと二カ月で部長になるから”とまたも吹聴。ナイロニア国から発電機を買うという話を聞くと、商売仇の丸々電機西条社長のメカケをだまし、売り込みに成功、見事部長に昇進した。そして可那子と高砂屋とついに目的を達成したが、こればかりは予想に反して尻に敷かれて大ボヤキの毎日だ。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

3.5ケガゆえにオリンピック出場を逃した主人公。オリンピックイヤーならで...

2018年9月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ケガゆえにオリンピック出場を逃した主人公。オリンピックイヤーならではの設定(笑)
普通なら落ち込んでしまうはず。ところがこの主人公、その苦境を笑い飛ばす。ポジティブ、どこまでも前向き。
これはホラ吹きではないじゃないか。有言実行、立身出世していく様がなんとも痛快。見習いたい部分が沢山。後のボンドガール浜美枝も出演、やはり美しい。
ドリフ世代の私は今まで植木等の映画は乗れなかったが、これは文句なし。面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

3.5ホラというより夢

2017年9月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

植木等は三段跳びで期待されていたが、アキレス腱を切り絶望的、心機一転、一流会社に入って偉くなることに目標を変える。
サラリーマン生活はとても面白く痛快で、浜美枝という美女も手に入れる。
めでたしめでたし。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る