泥の河

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
38%
50%
9%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大阪安治川河口を舞台に、河っぷちの食堂に住む少年と、対岸に繋がれた廓舟の姉弟との出会いと別れを描く。第十三回太宰治賞を受賞した宮本輝の同名の小説を映画化したもので、脚本は人気TVシリーズ「金八先生」の重森孝子、監督は浦山桐郎監督に師事し、これが第一回作品となる小栗康平、撮影は「泣く女」の安藤庄平がそれぞれ担当。

1981年製作/105分/日本
原題:Muddy River

ストーリー

朝鮮動乱の新特需を足場に高度経済成長へと向かおうとしていた昭和三十一年。河っぷちの食堂に毎日立ち寄っていた荷車のオッチャンが事故で死んだ。ある朝、食堂の息子、信雄は置き去りにされた荷車から鉄屑を盗もうとしていた少年、喜一に出会った。喜一は、対岸に繋がれているみすぼらしい舟に住んでおり、信雄は銀子という優しい姉にも会った。信雄の父、晋平は、夜、あの舟に行ってはいけないという。しかし、父母は姉弟を夕食に呼んで、暖かくもてなした。楽しみにしていた天神祭りがきた。初めてお金を持って祭りに出た信雄は人込みでそれを落としてしまう。しょげた信雄を楽しませようと喜一は強引に船の家に誘った。泥の河に突きさした竹箒に、宝物の蟹の巣があった。喜一はランプの油に蟹をつけ、火をつけた。蟹は舟べりを逃げた。蟹を追った信雄は窓から喜一の母の姿を見た。裸の男の背が暗がりに動いていた。次の日、喜一の舟は岸を離れた。「きっちゃーん!」と呼びながら追い続けた信雄は、悲しみの感情をはじめて自分の人生に結びつけたのである。船は何十年後かの繁栄と絶望とを象徴するように、ビルの暗い谷間に消えていく。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第5回 日本アカデミー賞(1982年)

受賞

監督賞 小栗康平

ノミネート

作品賞  
脚本賞 重森孝子
助演女優賞 加賀まりこ

第54回 アカデミー賞(1982年)

ノミネート

外国語映画賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0本当の主題は主人公たる板倉信雄9歳の成長の物語なのだ

あき240さん
2021年6月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泥の河
日本映画のオールタイムベストの上位に、必ずリストされる名作
これほどの傑作はそうない

昭和31年の大阪、それも安治川河口
つまり底辺も底辺
戦争が終わってまだ11年そこそこ

泥の河
それは両岸をコンクリートの堤防に挟まれた運河のような河

題名どおりヘドロが深く溜まり、いやな臭いのあぶくが吹き上がる
そんな泥の河を舞台に、6月半ばから7月の末頃までの9歳の少年の物語だ

題名や舞台、時代、そして白黒撮影
それらから下層貧民の苦しい暮らしぶりを社会主義的な視線で描く
戦争の癒えない傷跡を見つめて反戦メッセージを放つ
そのような映画のイメージがあるだろう

もちろん本作にはそのような側面もある
しかしそれはその時代の物語が共通に含むものでしか無い
それは本作の主題ではないのだ

本作の本当の主題は主人公たる板倉信雄9歳の成長の物語なのだ
あどけない児童に過ぎなかった男児が、宿船の家族と知り合ったことで成長し大人になろうとしている
その苦しみ、もがき、自我が目覚めた自己嫌悪
大人の世界への嫌悪
そのような様々なものが9歳の少年の中で渦巻いていく
その過程を丁寧に活写する事に監督は全精力を注ぎ込んでいるのだ

僅か1ヵ月半そこそこ
外見には何も成長はない
しかしラストシーンで、艀に曳かれていく宿船を見送る彼の内面は大きく成長を遂げているのだ

その前のシーン
まとめようにもまとまらない考えで、悶々と苦しむ彼を、ただ不機嫌なだけかと田村高廣が演じる父が見下ろしている

しかしやがて父は息子が何に悶々としているのかに思い当たり表情が変わる

そして、ただの子供だとばかり思っていた息子が大人になろうとして苦しんでいる
そのことに気がつくのだ

ついこの間までは、馬車に轢かれて死ぬ男、ゴカイ穫りで誤って河に転落して行方不明になった老人
二つの死を間近に目撃しても、その重大な意味に衝撃を受けないほどの子供であったのに

そのきっかけは息子にとり残酷であったかも知れない
しかし宿船の一家のこと、そして父母の過去のこと

京大病院で死間近な病床にある、かって父が母と知り合う以前に、父と関係のあった女性のもとに連れていかされて、信雄は初めて複雑な大人の世界を感じる

人の生死、運命、性
様々な事がまいまぜになって一斉に、9歳の少年に襲いかかったのだ

今彼は大人になろうとしている
その事に父は気がついているのだ

宿船が石造りのに二重アーチの石橋をくぐって去って行った時、彼の顔はもはや児童ではなくなっているのだ

観終わった後に残される感動の涙
ネオリアリズモの名作「自転車泥棒」にも似ている
しかし本作ではより純粋に少年に焦点が最初から最後まで当てられているのだ

宿船の一家
同い年で友達になる松本喜一、その姉11歳の銀子、二人の母を加賀まりこが演じる

加賀まりこと藤田弓子との強烈な対比
銀子が主人公の母は「石鹸の匂い」がすると言う
しかし自分の母のことは言葉を飲み込む

喜一に火を着けられる小蟹は、彼らの家族と同じ三匹
最後の一匹は火に苦しんで船べりを横に走る
その蟹が彼ら一家の本当の姿を主人公に教えてくれるのだ

薄々感じていた疑念は、少年の心に衝撃を持って真実の姿の焦点が合うのだ

逃げ帰る彼を喜一は追わない
彼は敢えて小蟹を燃やす事で、自分達家族を否定したかったのだ
信雄を羨ましく思う感情が、自分達一家の悲惨さを蟹に火を着けるこてで見せようとしたのだ
せっかくもらった天神祭りのお小遣いをポケットの穴のせいで落としてしまう
二人で祭りの人出でごった返す道を散々這いつくばって二枚の50円硬貨を探し回るのだが見つかる訳もない
そのあまりの惨めさ
繕いものをしてくれなくなった母と、小遣いをくれた信雄の母
その違いが喜一を苛立たせていたのだ
許せない程に惨めだったのだ

信雄の家の夕食に姉と一緒に招かれたとき、彼は死んだ父が酔った時に良く歌ったという軍歌の「戦友」を一生懸命に直立不動で歌う
父を誇らしく今も慕っているのだ
しかしその母はどうか
それでも姉と自分が生きて行けるのはその母が体を売っているからなのだ

帰り道、橋の上で銀子と出会う
銀子は信雄の表情から、彼が一家の本当の姿を理解してしまったことを感じ取っている
そして彼との交流の全てが終わったことも

銀子は米に手を突っ込んで暖かいと幸せそうに言う
夏なのに?と不思議そうに信雄は問う
母が体を売って得た金で買う米とは信雄は無邪気にも何も分かってはいない
銀子はその米で自分と弟は生きている
その米に手を埋めることだけが、母の愛を感じる術になっていたことを、その時の信雄は知らない
しかしもう知ってしまったのだ

銀子はこの現実の悲惨さによって、もはや子供をとっくに強制的に終わらされていたのだ
喜一ももう分かっている

そして信雄も分かってしまった
その諦めが彼女の全身から立ち上っているのだ

信雄の母から貰ってワンピースを返したのは、自分達には貰う資格が無いと卑下していたからだ

宿船が去っていく
それは銀子が母に頼んだに違いない

そういうことも、去って行く宿船を見送る信雄にはもう理解できるようになっている

何故なら、そのときもう彼は大人になっていたのだから
宿船を見送る彼の後ろ姿は大人のそれだ

こうした三人の子供達の心
取り巻く大人達、特に父の心
それらが圧倒的な重量で胸にのしかかる
涙が自然に流れていました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

3.5大学時代の思い出

hanataro2さん
2021年5月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

昭和50年代の地方国立大学は、あまり出席しなくても単位がもらえるため、暇な時間は映画に行くことが多かった。
どういうタイミングでこの映画を観に行ったかは覚えていないが、当時は友人と「悲しい映画だな」位に話していた記憶がある。
改めて、ネトフリで観たが、田村高廣さんが若い、加賀まり子さんはこんなに色っぽかったのか、内容も一周回って、コロナで苦しむ現代に重なった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hanataro2

2.0何たるベタ。

2021年3月19日
iPhoneアプリから投稿

何たるベタ。
原作小説に全く敵わぬ。
田村高廣の演技演技した古典的名演技、藤田加賀の律儀な滑舌の良さ、所謂感動を盛り上げてしまう泣かせBGMに引きに引いた。
インディーズでも名作然と感動作を撮れると当時は沸いたか。
修行の為に観た、とした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.0【昭和31年、”最早、戦後ではない”と言う社会認識に対し、小栗康平監督が強烈なアンチテーゼを映像化した作品。】

NOBUさん
2021年3月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

難しい

ー 舞台は昭和31年の大阪安治川河口。川沿いのうどんやに住む少年ノブオと両親と、対岸に繋がれた廓舟の姉弟(キッチャン)との出会いと別れを描いた作品。ー

■感想
 ・宮本輝の小説は、文壇デビュー後、かなり後に読み込んだ。「青が散る」を”友人”に贈られたことが切っ掛けである。今作は、文庫で読んだが、余り記憶に残っていなかった・・・。

 ・映画を観るのは初めてである。昭和31年と言う時代、日本は戦後高度経済成長期の前であったと学んだ記憶があるが、今作でも彼の大戦の傷を引きずった人々が多数出てくる。
 それは、ノブオの両親であり、キッチャン一家の生計を自らの春を鬻ぐ事で支える母(加賀まりこ:2度しか、画面には現れないが着物姿の余りの美しさに、驚く。)である。

<淡々としたトーンで物語は進むが、世間の目を気にせずに、ノブオの両親がキッチャンたち姉弟を精一杯もてなすシーンなど、印象的なシーンが、彼の大戦で傷ついた人々の姿を、リアリティ溢れる姿で描き出した作品。>

■最近、想う事
 ・ハリウッド大作及び邦画でも公開延期になる作品が増える中、映画は映画館で観るモノである・・、と言う想いはありつつ、を利用するようになり、そろそろ一年が経つ。
 有難いのは、今作の様な年齢的に観ることが出来なかった映画が、配信されていることである。(最近、増えている気がする。)
 とともに、”え、この映画もう配信するの・・”という映画もチラホラ出てきている。
 痛し痒しであろうか・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る