映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記のレビュー・感想・評価

映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記

劇場公開日 1997年3月8日
3件を表示 映画レビューを書く

奇想天外な展開が満載

ぬいぐるみの王国、前科100犯の凶悪犯罪者、クローンや神の登場、まさにドラえもんワールド前回の映画だ合宿、話の展開が面白い🤣

おのもん
おのもんさん / 2018年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドラえもん作品であることを活かせていない

伊集院光のラジオの話(古ッ!)を聞いて気になってみました。
確かにドラえもんの可愛らしい世界観で見せながら、実はスケールでかい話だったんですが・・・。

深い話をドラえもんに落としこむ意味が理解できず。

ジンクス
ジンクスさん / 2016年12月13日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宗教的な話でビックリした。 種を蒔く者(神)が火星と地球に生命の種... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

宗教的な話でビックリした。
種を蒔く者(神)が火星と地球に生命の種を蒔いた結果、火星は失敗し地球は成功、人間が生まれたという設定。神はあくまで観察者という立場で惑星に住む者に問題解決を委ねるのだ。本作の舞台となるのび太が見つけた地球型の惑星も種を蒔く者が作った星のひとつ。

生命のねじを使ってぬいぐるみに生命と知恵を授けたのび太たちは、彼らにとっての神そのもの。ぬいぐるみ達は自ら進化を遂げ、のび太たちの管理(神の支配)から自立する。ねじまき都市の工事現場を監督するジャイアンを裁判にかけるくだりは、微笑ましいというか怖かった。生命を授けられたぬいぐるみが、豚、馬、羊、牛、恐竜と人間世界における家畜や絶滅動物であるのも意図的なのか、はたまた偶然か、とても気になった。

とくに考えさせられたのは凶悪犯の描き方。たまごコピーミラーによって凶悪犯のクローンが量産されるのだが、1人だけ顔にホクロのついた善人が生まれる奇妙なエラーが発生。彼の手ほどきによって最終的にピンチを脱し、クローンを一体の人間に戻すと、ホクロの方に悪の人格が統合される驚愕のオチが待っているのだ。悪人が持つ善の心を認めた神が生まれ変わるチャンスを与えたとも深読みできる。

タブーに近いテーマをさらっと子供が楽しめるビジュアルで見せてしまうのがドラえもんの凄さだ。そういえば、竜の騎士も創世日記も雲の王国も、のび太が神となってパラレルワールドを創り観察を始め、最終的に種の滅亡を救っている。藤子先生のメッセージは一貫しているなぁとあらためて感慨深い気持ちになった。

ひがしのり
ひがしのりさん / 2016年1月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報