時には娼婦のように
ホーム > 作品情報 > 映画「時には娼婦のように」
メニュー

時には娼婦のように

劇場公開日

解説

なかにし礼のヒット曲「時には娼婦のように」のメロディーをバックにすれ違う愛の姿を描く。脚本はなかにし礼、監督は「金曜日の寝室」の小沼勝、撮影も同作の前田米造がそれぞれ担当。

ストーリー

良介はチンピラ、十郎の恋人と関係してしまい、それを知った十郎は良介の恋人、真理子を強姦してしまう。彼女はそのショックで気が狂い、良介の捨て鉢の人生が始まる。やがて良介はマコと結婚するが、ある時、胸の痛みに襲われ入院する。彼はマコを抱いてやれない己れに、憎悪と悲しみを感じた。やがて退院した良介は、マコと交わっていると、又しても胸の痛みに襲われ病院に運ばれる。病院をぬけだした良介は雨に濡れながら歌っている狂った少女を見た。真理子を想い出した良介は少女を部屋に連れて帰る。そして三人の奇妙な共同生活が始まる。妊娠したマコは良介の留守に少女を連れだし、青森の精神病院に入れてしまった。マコは良介に過去を捨てて平凡な夫婦生活を夢見てほしかったのだ。事情を知った良介は、マコの妊娠も優しさも知らず部屋を飛びだし、青森へ向かった。ねぶた祭りに酔う町の中を良介は少女を捜し求めた。再会した少女はすっかり荒れはて、真理子のイメージは消えうせていた。良介は東京に帰るが、マコは変っていた。二人の愛はすれちがい、別れを迎えるのであった。...

スタッフ

監督
脚本
なかにし礼
原案
なかにし礼
企画
佐々木志郎
製作
三浦朗
撮影
前田米造
美術
坂口武玄
音楽
なかにし礼
録音
福島信雅
照明
川島晴雄
編集
井上治
編曲
田辺信一
製作担当
田中雅夫
助監督
黒沢直輔
スチール
目黒祐司
タイトルバック
松任谷国子
松任谷国子

キャスト

作品データ

製作年 1978年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.5 2.5 (全1件)
  • なかにし礼による、なかにし礼の為の映画!! なかにし礼による、なかにし礼の為の映画と言った感じで、なかにし礼が許容できるかどうかが全てだと思います。ヒロインの鹿沼えりのみならず女性は従属物扱いで、あまり魅力が伝わらず残念です。ねぶた祭りで... ...続きを読む

    アンジェロ アンジェロさん  2017年12月17日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

スローなブギにしてくれ 遠雷 悶絶!!どんでん返し ホワイト・ラブ
スローなブギにしてくれ 遠雷 悶絶!!どんでん返し ホワイト・ラブ
  • Powered by Amazon

DVD・ブルーレイ

長崎ぶらぶら節[DVD] 赤い月 特別版 黎明編[DVD] 赤い月 特別版 完結編[DVD] 赤い月[DVD]
長崎ぶらぶら節[DVD] 赤い月 特別版 黎明編[DVD] 赤い月 特別版 完結編[DVD] 赤い月[DVD]
発売日:2018年2月7日 最安価格: ¥2,504 発売日:2004年7月23日 最安価格: ¥3,693 発売日:2004年7月23日 最安価格: ¥4,104 発売日:2004年9月25日 最安価格: ¥4,691
Powered by 価格.com

他のユーザーは「時には娼婦のように」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi