「戦後初の本格戦争映画であり、日本初のファイヤースタント映画」太平洋の鷲 近大さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「太平洋の鷲」 > レビュー > 近大さんのレビュー
メニュー

太平洋の鷲

劇場公開日 1953年10月21日
全1件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

戦後初の本格戦争映画であり、日本初のファイヤースタント映画

戦後初となる本格戦争映画。
戦時中に製作された戦意高揚映画とは違い、日本は何故戦争という愚行に踏み切ったか、今一度振り返る。
登場する実名者の中には当時戦犯にかけられていた生存者もおり、その戦争責任も問い、軍や政治的な立場だけではなく市井の人々も描き、意欲を感じる。
三国同盟締結、真珠湾攻撃、ミッドウェイ海戦、敗戦へ…を山本五十六の悲劇を中心に描くドキュメンタリータッチ。
戦局が大きく変化した出来事がいずれも描かれているが、どれも並べ立てられたエピソードに過ぎず、展開や盛り上がりは単調で平凡。ドラマとしては退屈で面白味に欠けた。

監督&特撮は本多猪四郎&円谷英二で、この翌年に『ゴジラ』を世に放つ。
実録映像挿入しながらの円谷特撮は見応えあり。
日本初のファイヤースタント映画でもあり、担当したのは中島春雄。その奮闘が円谷英二の目に留まり、ゴジラに。

近大
さん / 2017年11月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 単純 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi