大地の子守歌のレビュー・感想・評価

メニュー

大地の子守歌

劇場公開日 1976年6月12日
1件を表示 映画レビューを書く

よかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 山でお婆さんと暮らす原田美枝子が、人買いにだまされて、島で女郎にさせられる。

 一円も借金なんかしていないのに、借金漬けみたいにされてすごく理不尽だった。

 そんな原田美枝子は山育ちで非常にピュアで、あどけない表情がとても可愛らしかった。体力が尋常じゃなく、反抗的で口が悪くて、罵声がいちいち決まっていて矢吹丈みたいですごくかっこよかった。

 彼女が歯を食いしばって頑張るところは健気で涙ぐましいのだが、オレがもし客だったらと考えると、あんな変な髪型や態度は受付られない。漁師のイケメンの青年も迫られてさぞ困った事だろう。

 全然知らない映画だったけど、すごく面白かった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2014年8月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi