大殺陣

劇場公開日

0%
50%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「十三人の刺客」の池上金男がシナリオを執筆「十三人の刺客」の工藤栄一が監督した時代もの。撮影は「関の弥太ッぺ(1963)」の古谷伸。

1964年製作/119分/日本
原題:The Great Duel
配給:東映

ストーリー

四代将軍家綱が危篤に陥入り、大老酒井忠清は将軍継嗣に弟綱重を立てようとする、粗暴な政治が行われていた延宝六年のこと。若年寄堀田正俊は、御政道の変革を計る企みありと喚問された。一方、追手から逃れて来た知友中島外記を隠まったため一味とみられた、書院番神保平四郎は、旗本浅利又之進と名のる男の屋敷にかくまわれた。妻加代が事件のまきぞえから殺害されたのをみやから聞いた神保は、御家人星野友之丞に紹介されると一党に加わった。捕われた仲間の自害にいやけがさした一党の一方のかしら石岡部源十郎は、別所隼人に、秘密を酒井に話そうともちかけて神保に斬られた。首謀の名を追求する北条は石岡から一党の首謀は軍学者山鹿素行と聞くが実証なくして、山鹿に手を出すことが出来なかった。素行以下の一党の顔ぶれは、星野友之丞、別所隼人、神保平四郎、日下仙之助、助七、渡海八兵衛、素行の姪みやの七人であった。全て、すさんだ政道を正すためにけっ起したのだった。目的遂行の日は、水戸中納言光圀公が、国表に帰国でにぎわうのを、利用して甲府宰相鋼重の行列を吉原の方へ導き入れ本懐をとげる。だが渡海の裏切りに会った素行らは、神保、星野、日下、別所、助七の五人は目的の甲府宰相を暗殺出来ず世を去った。行列の遅いのに不審を持った酒井は、徒目付の知らせで事の次第を聞くと、行列を日本堤に廻すよう命令した。そのようすを見ていた浅利又之進は、無残な神保の死体をみて憤怒し、吉原を出る行列に突進していった。北条と宰相をうって、命を落した浅利を見て、発狂する酒井の姿をみつめながら、素行は、勝利感に酔えない自分を感じていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

4.0ためてためての

あしたさん
2020年11月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

大満足。
画面の隅々まで行き届いた美意識。
登場人物たちの命の軽さ。
ためてためて最後のどろどろの殺陣。
最っ高。
手持ちカメラの切り合いも新鮮であったよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あした

4.0世直しテロリストたちの捨て身の作戦

kazzさん
2020年11月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

『十三人の刺客』に続く工藤栄一監督の「集団抗争時代劇」第二段。
NHK BSプレミアムの放送は『十三人の刺客』より一週先だったが、録画して公開時系列に鑑賞。
次作『十一人の侍』も放送してほしいが、それはないらしい。

前作同様に、池上金男の脚本と工藤栄一の演出はドライでリアルだ。
が、前作よりもドラマ性が高まってはいる。
主人公(だと思う)平四郎(里見浩太朗)は、理不尽に妻を斬殺されテロ計画に巻き込まれる。侍が作った世の中の元凶は「俺のように役職を大事がった侍、オヌシのように世をすねてなにもせぬ侍ども」だと遊び人風の武士又之進(平幹二朗)に言う。
テロリスト一党の首謀者の姪みや(宗方奈美)は、弱気になった仲間の男を体で慰めたり、仲間に引き入れたい別の男に犯されたり、大義のために女であることを犠牲にし、非業の最期を遂げる。
子だくさんの貧乏浪人(御家人か?)星野(大坂志郎)は、決戦前夜に子供達に贅沢な弁当を食べさせて、妻もろとも命を奪う。
みやと平四郎の一瞬のロマンス風な場面もある。

手持ちカメラの揺れが激しく、決して観やすいとは言えないものの、ローアングルは前作以上に徹底され、さらにパースペクティブを強調した構図を多用するなど、工藤映画芸術は冴えている。

クライマックスは田畑や小川、町中を舞台に町民を巻き込んだ大乱戦となる。
襲う側も恐怖心にかられ、攻防お互いに必死だ。
そして、予想だにしない結末を迎える。数ある時代劇の中でも斬新な決着のつけ方ではないだろうか。

それにしても、この平幹二朗は平岳大そっくりだ。(逆か…)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kazz

3.5白黒でないと

2020年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幕府の権力闘争に心ならずも関わってしまった男(里見浩太朗)の話かと思ったが、終盤の暗殺テロが主役みたい。
集団の斬り合いは大迫力で、撮影でけが人が出なかったか心配になった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

3.0地味な時代劇

としさん
2020年8月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年8月16日

映画 #大殺陣 (1964年)鑑賞

60年安保の影響を受けて集団による革命とか集団闘争とかをリアルに描いた時代劇らしい
確かに戦いのシーンは壮大で、どこまでが台本どおりでどこからがアドリブかが分からないくらい自然な感じの戦いのシーンであった
最後のこのシーンだけでも見る勝ちあり

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とし
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る