ソクラテス

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

自称ハーフの暴れん坊男が活躍する、義理と人情の浪花ヒューマン・コメディ。監督はこれがデビュー作となる鶴巻日出雄。小川竜生の原作『極道ソクラテス』を、鶴巻の師匠でもある「美味しんぼ」の森崎東が脚色。撮影を「美味しんぼ」の東原三郎が担当している。主演は「DAN-GAN教師」の大仁田厚。共演に小嶋亜由美、山本ゆめ、森香名子、遠山景織子ほか。

1996年製作/95分/日本
配給:日活

ストーリー

大阪・通天閣界隈に残る遊郭の一部屋に住みついている大男・菊地竹雄は、父親がギリシャ人の神父だったというだけでミドルネームを“ソクラテス”と名乗る、フリーのヤクザ者だ。乱暴者だが人情にもろく、泣きつかれると大抵のトラブルに首を突っ込んでは体を張る性分のソクラテスは、五目並べ仲間で医者の玄先生や、その娘で看護婦でもある里夏の手伝いなどをしながら生活している。ある日、白タクの運転手・ヤマちゃんが、ソクラテスのもとに、手形詐欺にあった印刷屋の社長を連れてきた。手形も不渡りも何のことだかわからないソクラテスは、始めは面倒臭そうなので断っていたが、結局泣き落としにあって、手形を取り戻すために黒松組に乗り込むことになる。手形は黒松組系で表向きは金融業を営んでいるが裏でシャブの売買をしている立花の手に渡っており、ソクラテスは黒松組若頭・前園と一緒に手形を取り戻しに行って、大暴れをして帰ってきた。ソクラテスの男っぷりに惚れこんだ黒松組の組長は、娘の咲子と結婚させてソクラテスに跡目を継いでもらおうと考える。一方、立花はひそかに黒松組長を亡きものにして組を乗っ取ろうと計画していた。そんなころ、ソクラテスを“クソのおっちゃん”と呼んで慕っている居候先の娘・チエとその友達の良子が、テレクラ遊びをきっかけに立花たちに連れ込まれ、シャブ浸けにされそうになった。立花のあくどい手口に堪忍袋の緒が切れたソクラテスは、激闘の末に立花たちを倒し、良子とチエを無事に救出する。こうして通天閣界隈には、再び平和な日々が取り戻された。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る