全身小説家
ホーム > 作品情報 > 映画「全身小説家」
メニュー

全身小説家

劇場公開日

解説

作家・井上光晴の〈虚構と現実〉を、彼が癌により死に至るまでの5年間を追い描いたドキュメンタリー。「ゆきゆきて、神軍」(87)の原一男監督作品。「地の群れ」「虚構のクレーン」などで知られる戦後派の作家・井上光晴は、昭和52年に佐世保で文学伝習所を開いた。以後全国13ケ所に広がったその伝習所を中心に、彼は各地方で体当たりの文学活動を実践してきた。映画はその伝習所に集った生徒たちとの交流や、そして特に伝習所の女性たちが語るエピソード、文壇で数少ない交友を持った埴谷雄高、瀬戸内寂聴らの証言を通して、井上光晴の文学活動、〈生〉そのものを捉えていく。撮影準備直後、井上にS字結腸癌が発生し、いったん手術は成功するもののやがて肝臓へ転移していく。カメラは彼がその癌と戦う姿も生々しく撮り続けるが、平成4年5月、遂に井上光晴は死を迎える。映画はさらにその井上自身の発言や作品を通して語られた彼の履歴や原体験が詐称されていたということ、つまり、文学的な虚構であったという事実を、親族や関係者への取材を通してスリリングに明らかにしていく。そしてその虚構の風景を、映画はモノクロームのイメージシーンによって再現する。フィクションの映像をドキュメンタリーの中に取り入れることによって、まさに〈虚構と現実〉を生きた文学者の全体像に迫ろうとした、渾身の作品となった。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第1位、同読者選出日本映画ベストテン第4位。

ストーリー

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。...

スタッフ

監督
製作
小林佐智子
撮影
原一男
撮影(イメージ篇)
大津幸四郎
美術(イメージ篇)
竹内公一
音楽
関口孝
整音
栗林豊彦
照明(イメージ篇)
吉山清二
編集
鍋島惇
助監督
小林明
福岡孝浩
真島洋一
助監督(イメージ篇)
高根美博
スチール(イメージ篇)
高橋昌
美術協力(イメージ篇)
木村威夫

キャスト

作品データ

製作年 1994年
製作国 日本
配給 疾走プロダクション=ユーロスペース
上映時間 147分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • ウソつきみっちゃんの人生 ・作家井上光晴がガンにおかされて亡くなるまでの闘病生活に密着しつつ、彼の死後、彼の嘘の証言を周りの取材から検証していくという二つのスジを同時に走らせたスリリングなドキュメンタリー ・彼は嘘をつく... ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月14日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

シン・ゴジラ 夏の終り 花芯 トキワ荘の青春
シン・ゴジラ 夏の終り 花芯 トキワ荘の青春
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「全身小説家」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi