青春デンデケデケデケのレビュー・感想・評価

青春デンデケデケデケ

劇場公開日 1992年10月31日
1件を表示 映画レビューを書く

隠れた、大林宣彦の最高傑作。

この作品の前には、あの「尾道三部作」もかすんでしまう。

とにかく、カメラのカット割が凄い。全部で何カットあるんだろう。編集にかなりの時間を要したのも納得できる凄まじいテンポ。

まさに「ロッケンロール」で「デンデケデケデケ」を体現した
素晴らしい作品。

香川県観音寺に差し込む光は尾道の反対向きで、まぶしさすら感じさせる。同時代を描いた作品は多いが、「懐かしいでしょう。当時を知らない人には新鮮でしょう。いいんですよ、泣いて。涙をさめざめと流してくださいねー」というヌルイ作品が多くて辟易する中、「元気印」のこの映画は白眉だと言える。

若い役者はみんないい。林くん、大森くん、浅野忠信。

そして脇役も非常に豪華で素敵。

生涯の宝です。

johnny B bade
johnny B badeさん / 2016年4月19日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi