「宿業」砂の器 Yamawaki Takeshiさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「砂の器」 > レビュー > Yamawaki Takeshiさんのレビュー
メニュー

砂の器

劇場公開日 2005年6月18日
全41件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

宿業 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人間が人間をどう見るか?それを見事に説いている。
人を生き物として情感で接することが出来る人、真逆に人を物として見る差別・偏見だけで避けてしまう人。どちらも実際にいる人々である。
この映画では、宿業ではないのに穢れた物として扱われる本浦千代吉が映画のバックボーンになっている。
そのことが起点となって、出演者全ての役割につながっていく脚本も素晴らしい。
原作も読んではいるが、むしろ読まずに見た人のほうがインパクトがあったと思う。
時々DVDを見るのだが、映像を見なくても台詞だけで、そのシーンが頭に再生されてしまう。苦笑

Yamawaki Takeshi
さん / 2018年9月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi