シルクハットの大親分のレビュー・感想・評価

シルクハットの大親分

劇場公開日 1970年6月25日
1件を表示 映画レビューを書く

若山富三郎の喜劇演技が光る ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『緋牡丹博徒』シリーズに、コメディリリーフとして登場していた有名キャラが晴れて一本立ち。
若山富三郎の喜劇演技が光る。
中盤からは、当然の様に《お竜さん》が参上。2人の掛け合いも楽しいが、クライマックスでの討ち入りが何と言っても見もの。

時代背景は日露戦争終結直後。侠客として部下を思い、悪事を憎む親分。そして女はいの一番に愛する(笑)
この作品では春川ますみ演じる芸者を気に入り可愛がる。意外と紳士的だったりする熊虎親分。しかし、敵対するヤクザ・帝国軍幹部が結託して、今にも襲い掛からんとする。となれば、身に掛かる火の粉は払わなけれはならない。
中盤での橋での立ち回りは、『緋牡丹博徒 お竜参上』で使われ、日本映画名場面の1つに数えられる、あのセットと同じ。
製作年度がどちらも同じ年。名美術監督井川徳道さんの名セットを堪能出来る。

そしてクライマックス。若山富三郎の剣が冴える。
この時の若山の殺陣が…凄え〜速ええ〜!!
一方藤純子は、ワンカットワンカットで見栄えのする素晴らしい動きの美しさを見せ観客を魅了。
上映終了後、若い女性客の「綺麗ね〜」の声が多数有り。
鈴木則文監督による、コメディヤクザ映画の佳作。

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年3月24日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi