女囚さそり 第41雑居房のレビュー・感想・評価

女囚さそり 第41雑居房

劇場公開日 1972年12月30日
1件を表示 映画レビューを書く

見所は梶芽衣子(だけ)

梶芽衣子主演さそりシリーズ2作目。
設定は前作からそのまま。これはもうSFに近いので細かい所とか問題にしてはいけないシリーズ。いかに梶芽衣子とエグい展開を見るかという。

まずタイトル「第41雑居房」が全く関係ない。脱走した女囚集団の話ですよ。前作がほぼ刑務所内の話と対比してるのはいいけどタイトルどうしてこうなった?

何?という意味不明な演出が過多で困っちゃうんですが、それでも梶芽衣子の存在感だけで映画的になってる。さそりの台詞二言しかない!!

テーマありげな作りですが、たぶんあんまり考えて作ってないです。70年代の毒々しさが満載の前衛娯楽劇画といったテイストでした。

散歩男
散歩男さん / 2017年12月14日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi