サラリーマン清水港のレビュー・感想・評価

サラリーマン清水港

劇場公開日 1962年1月3日
1件を表示 映画レビューを書く

酒造会社

「清水屋」という名門酒造会社が舞台で、森繁社長、小林秘書、加東専務、三木工場長、フランキー華僑の面々がドタバタする。
悩ませるのは久慈妻、草笛ママ、新珠芸者の東宝美女連。
小林秘書のお相手の司嬢も登場、昭和37年の日本を眺めながら笑わせてくれる。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi