さまよえる脳髄

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

直木賞作家逢坂剛原作の同名小説を映画化。精神神経科の女医と、彼女を取り巻く人間たちが異様な犯罪に巻き込まれていく様を描くサスペンス作品。監督は「遊びの時間は終らない」「難波金融伝 ミナミの帝王」の萩庭貞明。脚本は「良いおっぱい悪いおっぱい」のこがねみどり。

1993年製作/102分/日本
配給:ヒーロー

ストーリー

とあるプールバー。刑事の海藤兼作は、覚醒剤の密売取引現場を押さえようとして、階段から落ち、後頭部を強く打ってしまった。入院した病院には、彼の婚約者南川藍子が勤務していた。彼女は現在、女性を暴行した患者、追分を診察していた。追分は自分を捨てて男に走った母親に愛憎を抱いていて、それによって精神のバランスを崩していた。そんな折、殺害後被害者のまぶたを切り取るという異常な猟奇的殺人事件が起こった。事件と符合するように藍子のもとに悪質な脅迫電話が頻繁に掛かるようになった。海藤はその後、回復に向かってはいたが、ある日、藍子とのセックスの最中、無意識に藍子の首を絞めたことから、脳に異常があることが判明。右脳の人格と左脳の人格がそれぞれ独立して機能するようになっていることがわかるのだった。一方、警察は追分に殺人罪の容疑をかけようとうしていた。しかし、海藤は十年前の殺人事件から新たな事件の鍵を握っていた。それはレズの女が恋人をメッタ刺しにしたというもので、そのとき殺された女の弟が藍子の患者、本間だった。追分、本間、そして海藤と疑わしい人物にかこまれている藍子は、ある晩、海藤の名を名乗った男から病院の階下で待っているという伝言を受けた。行ってみると本間が女装して立っていた。一連の事件の犯人は本間だった。危ういところで海藤に助けられた藍子だったが、そのとき別の人格の彼女が現れる。調べると藍子は生理中に脳りょう機能不全になる体質だった。事件は解決したかに見えたが、海藤と藍子の二重人格症はまだ治っていない。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • スペイン一家監禁事件
  • ゲーム・オブ・デス
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • 寄性獣医・鈴音 EVOLUTION
  • ヒューマン・レース
  • ライアー・ハウス
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • ドクムシ
  • 忍者狩り
  • ザ・ブラック・ベア
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る