サーキットの狼

劇場公開日

0%
0%
50%
0%
50%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

池沢さとし原作の「サーキットの狼」(少年ジャンプ連載中)をもとに、スピードとマシンの魅力にとりつかれた若者を描く。脚本は中西隆三と山口和彦の共同、監督は「空手バカ一代」の山口和彦、撮影は「ドカベン(1977 鈴木則文)」の出先哲也がそれぞれ担当。

1977年製作/87分/日本
配給:東映

ストーリー

矢田部モータースで働く裕矢は、休日には、いつもレース場に出かけていた。ある日裕矢はひょんなことから、スタントレースに出場し、なんなく優勝してしまう。これが、きっかけとなり、あらゆるレースに出場するようになる。そして、着々と賞金を稼いだ。裕矢の姉ローザは、彼にレースをやめるよう説得する。が、すっかり車の魅力にとりつかれてしまった裕矢には姉の制止も耳に入らなかった。彼の父は、ロータスの技師であったが、数年前のレースで不りょの事故で死亡。裕矢は父親の達成できなかったことのすべてを引き継ごうと、稼いだ金をせっせと預金した。その金で、名車ロータス・ヨーロッパを手に入れ、暴走族グループに次々と挑戦し、勝利するごとに星のマークを愛車にきざみ込んでいった。その頃、裕矢の前にミキという謎の女が現われた。いつしか、彼は、レーサー仲間から「ロータスの狼」と呼ばれるようになり、おそれられるようになった。その裕矢の前にナチス軍の総統・早瀬左近が出現。裕矢と左近の栄光の星マークを賭けた首都高速でくりひろげられるスピード・レース。しかし決着がつかなかった。そして、もう一人強敵が現われた。パトカーで、フェアレディ二四〇Zに乗る沖田警官であった。彼は裕矢の母親の死の秘密を知っているたった一人であったが、がんとして口を割らなかった。数日後、遂に対決の時が来た。富士スピードウェイでは、風吹、早瀬、そして警官をやめ、このレースに出場した沖田も参加して、スピードに命を賭ける男たちの凄じいデッドヒートが展開されるのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

0.5★ コーナリングの魔術師。

2018年2月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

寝られる

子門真人が熱唱するファンキーな主題曲は、聞くだけで腰が砕けちゃうぐらいの破壊力を持っていた。
「シフトダウン」や「ブレーキングドリフト」などの専門用語が、それこそスパーロボの必殺技のように、あの独特の甲高い声でシャウトされるのだから。
劇中ではスーパーカーブームの火付け役となったロータスヨーロッパを始め、世界の名車がずらりと揃う。
さて肝心のレースシーンだが、何せ昭和のプログラムピクチャーだったから随分ショボかったっすね。☹️

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る