ゴンドラ

劇場公開日

19%
44%
31%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1987年に当時20代の若者たちが中心になり独立プロで製作された作品で、美しい映像と幻想的な色彩でひとりの少女の心の対話を描いた。青森県下北半島から上京し、ゴンドラに乗って高層ビルのガラス拭きをする仕事に就いた青年・良。一方、音楽家の母れい子と高層マンションに2人で暮らす11歳の少女かがりは、仕事で忙しい母のいない部屋で、2羽の白い文鳥と音叉の響きに耳を澄ますことがささやかな遊びになっていた。ある日、学校から帰宅かがりは、文鳥の1羽が傷ついているのを見つける。マンションの窓ガラスを掃除していた良は、窓の外からその様子を知り、文鳥を動物病院に連れて行くかがりに付き添う。しかし、文鳥は死んでしまい、母親に死骸を捨てられたかがりは家を飛び出す。そんな彼女と偶然再会した良は、かがりを故郷の下北半島に連れて行くことにするが……。87年10月に渋谷のホールで先行封切りというかたちで上映して反響を呼び、88年にテアトル新宿で劇場公開されて話題を集めた。2017年、オリジナル35mmフィルムおよびデジタルリマスター版で30年ぶりにリバイバル上映。メガホンをとった伊藤智生は、劇映画(一般映画)の監督作はこれ1作のみで、本作以降はアダルトビデオ界でTOHJIRO名義で活躍。

1987年製作/112分/日本
配給:Teamゴンドラ
日本初公開:1987年10月12日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2016 Teamゴンドラ All rights reserved

映画レビュー

3.0Cult Indie Drama with Mysterious Side

2020年4月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

Heavy with image poetry and left with some air for interpretation, this tale of a window washer eloping with an elementary school girl to his family's house in the countryside is probably the most wholesome exploitation flick ever made. It is an essential viewing, as the director of this personal prose piece has become arguably the most influential hardcore adult video director in the world.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

3.5便所は汲み取り

kossyさん
2022年2月26日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 アート系作品かと思ってしまった序盤から、ハートフルドラマへ。説明なんてまどろっこしいものは要らない。孤独を感じている青年・良からすれば、都会で見つけたたった一人会話の相手。街並みが海に見えるというところが絶妙でもあった。一方の11歳の少女かがりは音のない高層マンションの一室で文鳥のさえずりに癒やされていた。

 鳥の死骸を扱ったことから、ちょっと間違えればホラー、エロチックなものになってしまうだろうに、純粋な心を持つ主人公のおかげでファンタジーさえ感じてしまう。下北半島のロケ地もいいし、良の母親(佐々木すみ江)の演技がとてもいい。

 好きなシーンは廃校となった学校の音楽室。壊れたオルガンを弾いて目眩を起こすところが不安定さを醸し出していた。

 まさしく掘り出し物の作品だった。木内みどりも佐々木すみ江も入浴シーンがあるし、少女かがりも一緒に入ってる。少女ヌードシーンがある映画ってのは何故か埋もれちゃうんですよね(勝手に思ってます)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0仏ヶ浦か。

マサシさん
2022年1月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

話が変な方向に行かなくて良かった。87年と言えば、バブルはじける前、あれから、35年も経つ。さて、過疎化の波はどうなったか?
まさか、原発で活況を呈しているとは思えない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マサシ

4.5煌めきの中に漂う危うさ

SHさん
2021年4月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

難しい

その時代の古さがしっかりと出ているのに、スタンダードの映像が非常に美しくて、映画特有の普遍性を強く感じた作品。
明瞭な映像の中に挟み込まれてくる、生の危うさ、危うい性…。決してよい内容でもよい演出でもないけれど、ぎこちなくて不自然な関わり合いが、目を離すことができないような緊張感を生み出しているような印象。
東京の風景、東北・靑森・下北半島の風景、その描写がことごとく見事なものだが、それに反して登場してくる人々の描かれ方は決して美しくも気持ち良いものでもない。人間臭いところが丸出しになっているように見えるのだが、不思議と嫌悪感はなくて、むしろ愛おしく思えてくる。
どろどろとした中で光輝くピュアなもの─その輝きはあまりにまぶしくて、まぶしすぎるが故に、すぐに消えてしまいそうな刹那…。短いスパンで考えれば幸福感を強く感じるけれど、長いスパンで感がると悲劇的な思いになってしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る