ゴンドラ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ゴンドラ
ゴンドラ
18%
43%
32%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1987年に当時20代の若者たちが中心になり独立プロで製作された作品で、美しい映像と幻想的な色彩でひとりの少女の心の対話を描いた。青森県下北半島から上京し、ゴンドラに乗って高層ビルのガラス拭きをする仕事に就いた青年・良。一方、音楽家の母れい子と高層マンションに2人で暮らす11歳の少女かがりは、仕事で忙しい母のいない部屋で、2羽の白い文鳥と音叉の響きに耳を澄ますことがささやかな遊びになっていた。ある日、学校から帰宅かがりは、文鳥の1羽が傷ついているのを見つける。マンションの窓ガラスを掃除していた良は、窓の外からその様子を知り、文鳥を動物病院に連れて行くかがりに付き添う。しかし、文鳥は死んでしまい、母親に死骸を捨てられたかがりは家を飛び出す。そんな彼女と偶然再会した良は、かがりを故郷の下北半島に連れて行くことにするが……。87年10月に渋谷のホールで先行封切りというかたちで上映して反響を呼び、88年にテアトル新宿で劇場公開されて話題を集めた。2017年、オリジナル35mmフィルムおよびデジタルリマスター版で30年ぶりにリバイバル上映。メガホンをとった伊藤智生は、劇映画(一般映画)の監督作はこれ1作のみで、本作以降はアダルトビデオ界でTOHJIRO名義で活躍。

1987年製作/112分/日本
配給:Teamゴンドラ
日本初公開:1987年10月12日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2016 Teamゴンドラ All rights reserved

映画レビュー

3.0Cult Indie Drama with Mysterious Side

2020年4月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

Heavy with image poetry and left with some air for interpretation, this tale of a window washer eloping with an elementary school girl to his family's house in the countryside is probably the most wholesome exploitation flick ever made. It is an essential viewing, as the director of this personal prose piece has become arguably the most influential hardcore adult video director in the world.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

4.0恋しさと せつなさと 心強さと

2020年7月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

萌える

仕事で忙しい母親とふたり暮らしの少女、
田舎から上京しビルのガラス拭きをしている青年、
孤独なふたりの出会いからの切なさと暖かさが波打つヒューマンドラマ、
都会と田舎の交差す鮮やかなる描写、

約30年前の1987年製作というのは驚き、
監督・主演少女も素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
褐色の猪

2.0初監督作品

2020年5月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

高校を卒業し、青森から上京、今は高層ビルの窓掃除をしている男がいた。
子供に関心を示さない母親と二人で暮らす少女がいた。
飼っていた文鳥が死に、二人は知り合う。
母親が文鳥の死骸を勝手に捨てたことに腹を立てた少女はマンションを飛び出し・・・。
初監督作品らしい新鮮さがある。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

3.0キネカ大森で「ゴンドラ」を観た。上映終了後、後ろの出口から聞き覚え...

Mr.Gさん
2017年6月25日
Androidアプリから投稿

キネカ大森で「ゴンドラ」を観た。上映終了後、後ろの出口から聞き覚えのある野太い声で”監督の伊藤です”との挨拶が。ええっ、伊藤智生監督ってTOJIRO監督だったのかと、もう訳が分かんないほどビックリ。映画は30年経っても瑞々しく、特に後半の田舎の描写が美しくフィルムの質感が実にいい。少女の閉ざした心が溶け出して、みるみる可愛くなっていくのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mr.G
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る