劇場公開日 1984年12月15日

ゴジラのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全20件を表示

3.0シンゴジラの次に視聴

cure0101さん
2019年6月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

子供向けと思いきや大人の方が楽しめるんじゃないかと思うほどシリアスな話。
今見るとゴジラの目など気になる箇所が多いがそこも味かと。
ハッピーエンドとは言えないラストだが、シンよりは良いエンディングではないかと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cure0101

2.0ゴジラ対武田鉄矢

kossyさん
2019年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

 ゴジラが子供向けの映画となってから、昔子どもだった大人が大人の手に取り戻したとも言えるリバイバル。徹底した悪役のゴジラに仕立てあげ、登場シーンはさすがに怖い。目が悪党してます!夏木陽介扮する林田生物博士は30年前に肉親をゴジラに殺されたと言ってましたが、前回出演の『三大怪獣地球最大の決戦』では刑事役。関係はなさそうだ。

 三原山を人工的に爆発させるなんて、当時、富士山大爆発などの説が流行っていたこととあわせると不謹慎としか思えないストーリー。そしてアメリカ・ソ連が核兵器の使用を求めてくるという内容。非核三原則にまで言及して、大国のエゴイズム論にまで達する(余りにも酷い脚本だったので付け加えただけの雰囲気がある)。まぁ、そんな中でも総理大臣(小林桂樹)は頑なに核兵器使用を拒否する英断のおかげで、通常攻撃+三原山爆発だけとなってホッとした。

 しかし、徐々に幼稚な展開となっていき、とうとう『キングコング』(1976)のシーンをパクってしまった。武田鉄也の「田舎モンが~」で目が覚める。核は結局ソ連が誤射してしまうところで、この脚本は破綻した。せっかくの反核メッセージさえ消滅した。しかも簡単にアメリカが迎撃して助けるなんてありえない。とりあえず自衛隊の円盤スーパーXが放ったカドミウム弾によってゴジラは沈静化。やじ馬たちはなぜか避難せずに楽しんでる。

 ひどいのは俳優の演技もそうだ。田中健もまだまだ若くて未熟。日本で一番演技の下手な女優沢口靖子も登場だ。リアリティを求めたためか、ゴジラによる破壊活動も中途半端。これを観たアメリカ人がハリウッド版GODZILLAを作りたくなったのもわかる気がする。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

2.0中盤まではまずまず観せるのに、後半の緊迫感の無さはいただけませんな。

2019年5月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

中盤まではまずまず観せるのに、後半の緊迫感の無さはいただけませんな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mr. Planty

3.0“恐怖の象徴”として待望の大復活!

syu32さん
2019年2月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

「ゴジラ」シリーズ第16作。ゴジラ生誕30周年記念作品。

DVDで鑑賞。

前作「メカゴジラの逆襲」以来、9年振りに製作されました。昭和につくられた最後のゴジラ映画です。
「ゴジラの逆襲」から「メカゴジラの逆襲」までの作品を無かったことにして、第1作の直接の続編となっています。

「日本沈没」や「地震列島」などの、東宝パニック映画路線の系譜を受け継ぎ、現代社会にゴジラが出現したらいったいどうなるのか、政府や自衛隊の行動のシミュレーションが行われています。リアリズム…。この作風を突き詰めていくと、「シン・ゴジラ」になるのかと思うと、感慨深いものがありました。

政府関係者役で、小林桂樹、小沢栄太郎、金子信雄、加藤武など、錚々たる名優が集結しています(特に、金子信雄と加藤武は、「仁義なき戦い」での山守組長と打本の関係性をオマージュしたようなやり取りあり(笑) 思わずニヤリとしてしまいました)。当時としては、すごい豪華なキャスティングではないでしょうか?
カメオ出演も石坂浩二に武田鉄矢、かまやつひろしなど、顔触れが豪華の極みですねぇ…。
名優たちの重厚な演技が、ゴジラ出現という虚構の出来事に、リアリティーを加えていきます。この面子が“ゴジラ”という言葉を口にするのが、すご過ぎてありがたいなぁ、と。

その中にあって、初々しい魅力を放っているのが、若き日の沢口靖子。現在ではすっかり科捜研で難事件を解決する姿が様になっていますが、当時は「東宝シンデレラ」のグランプリを獲得したばかりの新人で、演技は拙い部分が多いですが、重くなりがちな作風に爽やかな風を吹かせているように思いました。

恐怖の象徴として華々しい復活を遂げたゴジラですが、まさにその通りな圧倒的破壊をもたらし、日本を恐怖のどん底に叩き込みます!
静岡で原発を襲撃したかと思えば、第1作を模倣するかのようなルートで、首都東京を蹂躙していきます。
新幹線を鷲掴みにしたり、地下道に足を踏み入れて、日劇から改装したばかりのマリオンを破壊したりと、第1作のオマージュが満載です。
やがて辿り着いた新宿副都心では、自分の背丈よりも巨大なビル群に囲まれ、高層ビルを見上げる姿は何だか物悲しく、哀愁が漂うように見えますが、そんな人類の築き上げた文明をぶち壊すかのような勢いで暴れ回り、満を持して出動した首都防衛移動要塞“スーパーX”を、なぎ倒した高層ビルの下敷きにして粉砕します。まさに無敵のゴジラ像に、嬉しくなりました。

スーパーXの登場が無かったら、よりリアルなシミュレーション映画として屹立していたのではないかなと思うと、東宝特撮の伝統の悪い部分を垣間見るような気がしました。
しかし、本作以降の「VSシリーズ」に跨る超兵器の系譜の原点として、スーパーXの存在があることは否定できないので、全く文句無しです…。
それ自体は、めちゃくちゃカッコいいですものねぇ…。カドミウム弾で後一歩のところまでゴジラを追い詰めるのですから、大活躍です。意外と最強の対ゴジラ兵器なのかも…。
そんな本作での反省点を生かして、「シン・ゴジラ」には現状の兵器しか登場させなかったそうです。これはこれで正解だなぁ、と思いました。

ゴジラ東京上陸が濃厚となった段階で、アメリカとソ連という二大大国が、熱核兵器の使用により、ゴジラを殲滅することを提案して来ますが、小林桂樹演じる内閣総理大臣は、「非核三原則」を盾にこれを決然とした態度で断ります。ここが「シン・ゴジラ」との違いですねぇ…。同作では熱核兵器の東京での使用を容認してしまいますから…。大国の圧力に屈せず、我が国の意思を明確に提示し、互角に渡り合おうとする、政治家の理想的な姿が描かれていますねぇ。ぐっとくる名場面だと思います。
しかし、その意思に反して、ソ連が秘密裏に発射装置を積んだ偽装貨物船を東京湾に入港させていたことから、新宿でのゴジラ復活の悲劇に繋がるところに、ある種の皮肉が籠められているようです…。ゴジラ上陸の際に貨物船が被害を受け、発射装置が誤作動を起こし、人工衛星から核ミサイルが発射されます。
本作の海外版「GODZILLA1985」では、ソ連の軍人が故意に発射させるように改変されています。アメリカで編集を行ったために、当時の情勢を考えるとこの改変は必然的であるように思いますが、少し大人気ないような気もします(笑)
この海外版ではアメリカで追加撮影が行われ、第1作の海外版「怪獣王ゴジラ」に登場したレイモンド・バー演じるスティーブ・マーティンが再登場し、アメリカ軍の司令室でゴジラ災害を見守ります。

そしてクライマックス。超音波発生装置によって伊豆大島に誘導されたゴジラが、爆破によって噴火を誘発された三原山に呑み込まれるシーンは、悲壮感に満ちた音楽も相まって、シリーズ屈指の名場面だなぁ、と思います。

ゴジラ・ファン待望の新作ということでしたが、作風のお陰だったのかファンのみならず一般の観客層にも受けたようで、1985年度邦画配給収入第2位を記録する大ヒットとなりました。
まさに華々しい復活であり、「VSシリーズ」へと続く「ゴジラ」シリーズの再びの黄金期の幕開けを見事に飾った作品です!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
syu32

3.0昔ながらのThe 特撮!

アキ爺さん
2018年10月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アキ爺

4.0ゴジラ誕生30周年記念映画!

2018年9月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

テレビで録画して見たんですがさすが誰もゴジラに勝てるやつはいない❗️
武田鉄矢さんも出てたのも知らなかったですが役柄が非常に似合ってます!!
※あと、目のドアップの所やめてほしい。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
HIDE Your Eyes

3.0シリーズ第16作目。 平成ゴジラシリーズ幕開けの一作! 怪獣映画か...

NORIDARさん
2018年7月14日
iPhoneアプリから投稿

シリーズ第16作目。
平成ゴジラシリーズ幕開けの一作!

怪獣映画から真面目な災害パニックムービーに転向し、全体にシリアスな展開が続く。(金八先生で箸休め)
核問題や原発事故への対策、誘導作戦による近隣への配慮など、細かい部分までしっかり作ってある印象。
ヒーローに成り下がったゴジラを原点である破壊神として再構築した新シリーズは本当に偉大だと思う。

この作品を改めて見て、今の技術を最大限生かしエンターテイメント、そして災害モノとしてこの時やりたかったことをしっかりとした完成度で現代に蘇らせた庵野監督の手腕の凄さが改めて伺えた。

残念なのが物語が進むにつれ、政治絡みのお話になりお話の中心がブレ始め前半部活躍するキャラクターがなんとなく薄くなる印象があるのが少し残念。

沢口靖子ディスられまくってるけどゴジラ映画てそもそも力の入った俳優が出てる印象はあまりないのだが。笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NORIDAR

2.080mの目がかわいいゴジラ、東京に現わる

mimiccuさん
2018年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

知的

寝られる

ゴジラに寄生して巨大化したフナムシが漁船に襲いかかる。唯一の生存者奥村宏(宅麻伸)、妹でありゴジラ研究の林田教授のアルバイト生の尚子(沢口靖子)、新聞記者の牧(田中健)。エネルギー補給の為、水中のソ連の原潜を食べるゴジラ。世の中が乱れると天変地異が起こりゴジラが現れる。大臣たちの会議シーン、米ソに対して核不使用を貫く日本側、かなり当時の時事性を反映。港を一気に焼きつくし、丸の内で新幹線を持ち上げ、永田町の首脳会議場をまたいで、新宿で浮浪者の武田鉄矢をびびらすゴジラ。首都防衛戦闘機スーパーX、照明弾でゴジラを上向かせて口にカドニウム弾を食らわせる天丼を三回。牧と尚子の一連のラブシーンは要らないな。三原山の火山に沈むゴジラのシルエットが哀愁があった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

3.0公開時の印象と

2017年3月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

興奮

単純

時代を経て、家で観たときとは全く違った。
当時は漁船の乾いた死体を見ただけでビックリしたものだが(笑)

沢口靖子が東宝シンデレラで初主演したのがこの作品だったと思うが、子どもの面影を残した姿と今のドラマとかで活躍している姿を見比べると時間の経過を感じる(笑)

ゴジラは着ぐるみのシーンは勿論だが、当時としては最新だった表情の動きは今見ても面白い。
スーパーXのBGMを聞いた時はめっちゃ期待したけど、見事なヤラレ役(笑)

科学的な検証の事実はともかく、火山に誘導するラストは曖昧な決着と言えるが、久々に街を破壊するゴジラを見られるだけで十分だろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
うにたん♪

2.5着ぐるみ感が凄い!

n.yamadaさん
2016年9月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

単純

30周年記念作品となる16作目。

着ぐるみ感が凄いんだけど、たまにリアルに見える。
迫力のある映像にしようとしてる工夫も感じられるし、日本映画にしては頑張った方なのかな?

ストーリーって言うか、流れがちょっと『シン・ゴジラ』と似てるって思ったのは、俺だけかな?

とりあえず、みんな若い( ゜o゜)
そして、沢口靖子が可愛い( ´∀`)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
n.yamada

3.5シン、ゴジラ見た後

2016年8月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

シン、ゴジラ見たので、改めて30年ぶりに見直しました。東京は都庁が出来る前で、概に日劇は有楽町マリオンになってます。これは、いいです!
当時は沢口靖子のイメージだけでしたが
30年ぶりに、ゴジラ復活した。
その30年後に見直しましたが、東京はあんまり変わってないですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
よしよし

3.0ゴジラ恐い

棒人間さん
2016年8月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

ゴジラは本当は怖いやつなんだということを再認識させられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
棒人間

4.0これぞTHEゴジラ

2016年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

興奮

ゴジラシリーズ第16作目の作品。
内容は原点回帰の人間対ゴジラ。

シン・ゴジラを観た後に鑑賞したのだが、

市民の避難するシーンや、軽快なBGMに合わせてニュース報道を流すなどこの作品のオマージュがシン・ゴジラにはかなりされている。

シン・ゴジラでは政治家目線で話が展開していたが、今作は一般市民の目線で話が展開される。

海上にゴジラが現れた時の自衛隊の攻撃シーンは食い入るように見入ってしまった。当時の特撮映像はリアルではないがどこかシュールで好きだ。

米ソの攻防も踏まえ、当時の冷戦状態や反核ブームなど社会風刺的側面もあり、これぞTHEゴジラって感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
せんだい

2.5ゴジラの目がなんかかわいい。今見ると昭和レトロ感が楽しい。

ゲンさん
2016年8月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

ゴジラの目がなんかかわいい。今見ると昭和レトロ感が楽しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゲン

2.0技術検証作品かな

rai_sutaさん
2016年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
rai_suta

3.0CGより着ぐるみ

2015年7月5日
iPhoneアプリから投稿

着ぐるみが重くて動けない感こそがゴジラ(笑)。
素早いゴジラなんて只の巨大なトカゲ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Hidetoshi Ota

1.5正直最後まで退屈だった

ロキ様さん
2015年5月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

寝られる

結構期待してみたのですが正直退屈でした。まぁこの時代なのでしょうがないのかもしれないですがあまりゴジラに迫力がないですね。街とかも作ってる感じがめちゃありましたし俳優陣の昭和感もすごかったです。まぁあたりまえですがw

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ロキ様

0.5ベタな

2014年10月5日
Androidアプリから投稿

着ぐるみと役者。浅い人間描写。この頃の邦画はドン底な気がする。もちろん例外はあるが...

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
肉ネ~ム

2.0特撮は圧巻

REDSTARさん
2014年9月19日
iPhoneアプリから投稿

単純

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
REDSTAR

3.5小ゴジラ、大東京をさまよう

近大さん
2012年6月17日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
近大
「ゴジラ」の作品トップへ