劇場公開日 1972年3月12日

「ゴキブリ星人をやっつけろ!(笑)」地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン syu-32さんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0ゴキブリ星人をやっつけろ!(笑)

syu32さん
2019年2月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

「ゴジラ」シリーズ第12作。
「東宝チャンピオンまつり」の一環として公開されました。

DVDで4回目の鑑賞。

本格的に低予算感がその姿を見せ始め、民衆の避難シーンや都市破壊シーンなどで過去作のライブ・フィルムの流用が多く見受けられます。残念…。

地球侵略を企むM宇宙ハンター星雲人が送り込んで来たガイガンとキングギドラに、ゴジラとアンギラスが立ち向かう怪獣タッグマッチ戦が見所です。というか、それ以外の注目ポイントを見付けられません(泣)
ガイガンの武器が胴体の回転カッターや両腕の鋭い鎌のため、戦闘シーンでは前作に引き続き流血の描写があります。本作の方が出血大サービスです(笑)

ゴジラは「怪獣総進撃」以来のスーツを流用しているため痛みが激しく、おが屑(!)を使って補修しているもののくたびれた印象が否めません。観ていると悲しくなって来ました。過剰な流血描写が、そんな感情に拍車を掛けます…。「これ以上痛め付けないで!」と思ってしまいました(笑)
もうひとつ悲しい出来事が…。第1作よりゴジラのスーツアクターを勤めて来た、“ミスター・ゴジラ”こと中島春雄の最後のゴジラ演技となりました。ベテランの貫禄を見せ付けるかの如く、迫力のゴジラを我々の目に焼き付けてくれました。お疲れ様でした。

ゴジラとアンギラスが、マンガの吹き出しで会話するシーンがあまりにも有名ですねぇ…。初めて観たときはコミカルだなぁ、と思いましたが、今観るとシュールで如何ともしがたい想いが沸き上がって来ました(笑)

ドラマ部分では、「ウルトラセブン」のアンヌ隊員役で特撮ファンの心を掴んだひし見ゆり子がヒロインとして出演しています。これまた、その美貌が放つ魅力で作品に華を添えてくれていました。“永遠の特撮ヒロイン”の面目躍如ですねぇ…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
syu32
「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」のレビューを書く 「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」のレビュー一覧へ(全8件)
「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」の作品トップへ