ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘のレビュー・感想・評価

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘

劇場公開日 1966年12月17日
4件を表示 映画レビューを書く

孤島の秘密結社の野望を打ち砕け! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「ゴジラ」シリーズ第7作。
監督が本多猪四郎から、アクション描写に定評のある福田純に替わって、軽快なテンポで描く娯楽活劇作品となっています。

南海の孤島・レッチ島に漂着した若者たちを待ち受ける、危機また危機! 冒険に次ぐ冒険! スリルとサスペンス!
島を牛耳る秘密結社“赤イ竹”の世界征服計画を打ち砕くため、洞窟に眠っていたゴジラを目覚めさせ、攻撃に転じていく序盤から中盤辺りにかけての展開がテンポ良く、まさに活劇の醍醐味を味わわせてくれます。

ゴジラとエビラの戦いでは、シリーズ初の水中での戦闘が描かれます。着ぐるみの中に酸素ボンベを仕込んでの撮影だったそうですから、その大変さは並大抵のものではなかったでしょう。その甲斐あってか、迫力あるシーンに仕上がっています。

赤イ竹はレッチ島の近くにあるインファント島から、原住民を捕まえて来ては労働力として不当に働かせていました。それを助けるために、当然の如くモスラも飛来します。
ゴジラには翼チョップを浴びせる程度の邂逅でしたが、作品に豪華さと華やかさをもたらしていますねぇ。

クライマックスのゴジラの大ジャンプは名シーン。直後のレッチ島大爆発も秀逸の極みです!

平田昭彦が、芹沢博士以来となる眼帯をしたキャラクターを演じています。赤イ竹のメンバーであり、芹沢博士とは真反対の悪役を熱演しています。これがまたよく似合ってるんだよなぁ!

島の娘・ダヨ役で、我らが水野久美様も出演しています。野性味溢れる役どころですが、その美しさのせいであまりそれが感じられないのが残念ですが、嬉しい部分でもあります(笑)

syu-32
syu-32さん / 2018年12月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

水に浸かって怪獣プロレス(笑)

水中戦?をするゴジラが観れるのは本作だけか。
それにしても、エビラ泳がない。
南国ムードいっぱいで、小美人まで色黒になってるし(笑)
物語は金庫破りのお兄ちゃんと体力バカ大学生、アホな漁師兄弟の青春ストーリー(笑)

うにたん♪
うにたん♪さん / 2017年3月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD、VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった

スリルがあって面白かった。モスラを出さなくてもよかったんではないかと思う。

棒人間
棒人間さん / 2016年8月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴジラ、南の島へ行く

本作でゴジラシリーズはまた一つの転換期を迎える。
監督が福田純に、特技監督に円谷英二と共に弟子の有川貞昌が参加、音楽が佐藤勝へとバトンタッチ。
全体的に若返った印象が作品雰囲気からも分かる。

舞台も南の島となり、怪獣映画の醍醐味である都市破壊が無いのは残念だが、新怪獣エビラとの海中戦は南の島ならでは。
ゴジラも海から現れる怪獣で、ゴジラと同等に海中戦を展開したのはエビラくらい。

作品雰囲気がとにかく明るく楽しく、まるで監督の福田純の代表作の一つ、若大将シリーズのよう。
ゴジラも今まで以上に擬人化が進み、若大将の真似をするのはご愛嬌。(前作のシェーに比べればまだまだ許せる)

実は本作は当初、ゴジラではなくキングコングが主役だった。
ファンの間では有名な話。

近大
近大さん / 2012年6月15日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi