魚影の群れのレビュー・感想・評価

メニュー

魚影の群れ

劇場公開日 1983年10月29日
2件を表示 映画レビューを書く

夏目雅子様お美しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

夏目雅子様目的と、相米慎二を観たことがなかったので、いい機会かもと思い鑑賞しました。

いやー、さすがに夏目雅子様はお美しかったです。役柄にはさほど魅力を感じませんでしたが、存在するだけで有難いというか。ただ、長回しが多用されているおかげで、夏目雅子様のアップが少なく残念でした。

物語はなかなか硬派で重厚。若き日の佐藤浩市演じる俊一の一人前になりたい・父的存在に認められたいという思いが、物語の骨子かな〜なんて感じています。
正直、俊一は最初から最後まで空回っているので、なかなか歯がゆいものがありました。彼の死につながる事故もそのような焦りからくるもので、自業自得感が強く、「もっと地に足つけて挑めばいいのにな〜」などと感じました。しかも、最期のマグロ漁すら義父の力を借りており、哀れさを感じました。

緒形拳はたいへん迫力があり、カッコよかったです。ガチの漁師にしか見えなかったです。マグロと格闘する長回しシーンは白眉ですね。
とはいえ、あの手のコミュニケーションができない昭和の男は見ていてキツく、はやく全滅して欲しいな〜くらいにしか思わなかった。

2時間20分は長く、しかも長回しだと間延びしてより長く感じてしまいました。長回しは相米慎二のウリだと思いますが、上記のマグロの場面以外はイマイチでした。もっと夏目雅子様のアップをバシバシ入れて欲しかったです。

長い上に登場人物にも共感できず、割としんどい映画でしたが、夏目雅子様とハードなマグロ漁の場面が観られたので、まぁ悪くなかったなかな、といった感想と相成りました。

kkmx
kkmxさん / 2018年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マグロの一本釣り

マグロの一本釣り漁師(緒形拳)の娘(夏目雅子)が、男(佐藤浩市)を連れてくる。
喫茶店をやっていたが、結婚するので漁師になりたいと申し出る。
長回しの相米慎二監督、随所に奇跡的なカットが出てくる。
俳優業も大変だ。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年12月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi