彼のオートバイ、彼女の島

劇場公開日

彼のオートバイ、彼女の島
13%
25%
56%
0%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

初夏の信州で知り合った男女が、オートバイを通して結ばれていくまでを描く。片岡義男原作の同名小説の映画化で、脚本は「姉妹坂」の関本郁夫、監督は同作の大林宣彦、撮影は「さびしんぼう」の阪本善尚かそれぞれ担当。主題歌は、原田貴和子(「彼のオートバイ、彼女の島」)。

1986年製作/90分/日本
配給:東宝

ストーリー

橋本巧は、音楽大学に通うかたわら、プレスライダーのアルバイトをしている。ある日、彼の前に妹、冬美とのただならぬ仲の責任をとれと、先輩ライダー、沢田が詰めよってきた。巧は心の整理をつけるため、オートバイで信州にひとり旅にでる。冬美との出来事を回想する彼の前に、不思議な透明感を漂わせる女性か現われた。オートバイに興味を示したその女性、ミーヨこと白石美代子と、巧はひなびた温泉で再会する。東京に戻った巧は、沢田からの決闘の申し込みを受け、勝負に勝つ。だが、数日後、冬美に別れを告げた。従順で泣いてばかりいる、人形のような彼女に物足りなさを覚えていたのだ。ミーヨと文通を続けながら、巧の心の中にミーヨが入って来た。夏が訪れ、巧はミーヨの故郷である瀬戸内の島へ出かけた。二人の絆は、より確かなものとなっていく。秋になり、ミーヨが東京に出てきた。巧はミーヨと連れだった、行きつけのスナック・道草で、久しぶりに冬美と会った。道草の専属歌手としてステージで歌う彼女は、別人のように明るく、今は巧の友人、小川の恋人になっていた。ミーヨは巧のバイクに乗りはじめ、バイクの虜になっていく。そして、はやく大型バイクの免許をとりたいと巧にせがむのだった。だが、巧はミーヨのライディングを見た沢田の「バイクに乗ることにかけては天才だが、あのまま乗っていると彼女は死ぬ」との言葉に躊躇していた。ある雨の日、無断でミーヨが巧の750CCに乗ったため二人は喧嘩をした。数日後、ミーヨが巧のバイクと共に姿を消した。彼の知らない間に大型の免許をとったらしい。冬美が小川の子供を身篭った。それを知ったミーヨから、冬美に産着が届いた。「俺のバイクで、彼女の島に行け」と言う小川。巧はバイクに飛び乗った。そしてミーヨの島で、仲良くツーリングする二人の姿があった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0いまの竹内力しか知らない人だと「な、なんだってー!!」ってなるほど...

yonda?さん
2021年3月5日
スマートフォンから投稿

いまの竹内力しか知らない人だと「な、なんだってー!!」ってなるほど面影が全くない。さわやか。
心情を語るナレーションがやたらとポエトリーで、そこにひきつけられる。良作品。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

2.5待ってたんだゾ

散歩男さん
2020年4月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

86年角川。監督大林宣彦。原作片岡義男。
高い評価してるのは当時青春を送った世代のファンでしょう、では今見るとどうか?
予想通りかなーり痛い映画となっております。

イケメン俳優としての竹内力、原田貴和子、渡辺典子の俳優は良いとしても演出がほぼダサい。劇中歌もどれも80年代的で安定のダサさです。大林映画とはそういうものだ、と覚悟する必要があります。日本的ダサさを排除しようと書かれた小説と大林監督を組み合わせるのも無茶だねぇ角川サン。

温泉で原田貴和子が普通に裸で出てきたり(モノクロシーンだけど)、力が全裸でギター弾いたりの謎の裸族志向があったり。

現実感のない女性という意味では原田貴和子さんはバッチリだったと思います。妙なシャウトとか可笑し可愛い。彼女が好みでしたらどうぞ。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
散歩男

3.0大林節の青春ラブストーリー、爽やかな力さん

近大さん
2019年6月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

幸せ

初夏の信州を舞台に、オートバイで旅する青年と、彼の前に風のように現れた島の少女。
まるで画に描いたような、目に浮かぶような王道の青春ラブストーリー…と思って見ると、風変わりな作風に戸惑うだろう。
何てったって、監督は大林宣彦。
独特の演出、語り口、延々流れる音楽、ナレーション、映像も白黒になったりカラーになったり、実験色の強い大林節は健在。
シュールで漫画チックにもなったり、島のシーンは郷愁誘うご当地ムービー風であったり、ノスタルジックなファンタジー風でもあり、この作風に乗れるか否かで好き嫌い分かれるが、数々の青春映画の名作を手掛けた大林監督ならではの瑞々しい感性にはやはり魅了される。

原田貴和子のデビュー作。初々しさいっぱいで、歌声やヌードも披露。
キャスト・クレジットでは彼女が主演だが、今見れば、今とまるでイメージ違うアノ人に驚かされる!
竹内力。
今やすっかりオーバーリアクション&コワモテ顔芸怪優だが、その笑顔まで何と爽やか好青年!
オートバイで駆け、革ジャン&白シャツ&ジーンズのTHE80年代スタイルも決まってる。
引き締まった肉体美やフルヌードも!
そんな力さんにとっても本作がデビュー作。
当時の女子たちは、突如現れたこのちょいワル青年に色めき立った事だろう。
そして誰が思ったろう。“ミナミの帝王”になると。
力さんが初期は爽やか青年役を演じていたのは知っていたが、改めて見ると、力さんにもこんな時代があったんだなぁ…と、つくづく思う。
爽やか力さんもいいが、今の力さんも好きだけどね。

オートバイが二人を結び付けるキーであり、二人でツーリングは憧れのシチュエーションで、オートバイ好きには堪らないだろう。実際、オートバイ好きのバイブル的な作品なんだとか。
オートバイに興味なくとも、大林節の青春ムービー、色んな意味でキャストの魅力(豪華なキャストも皆、若い!)…見て損はナシ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
近大

4.580年代らしい映画

2017年9月14日
iPhoneアプリから投稿

同じ原作者(片岡義男)の「湾岸道路」もそうだが、飾らない生身の身体とバイクという、どこか当時のアメリカのポップや映画と共通するところもありながら、日本らしい風景のもとで青春が描写されている、同時代に若かった世代には懐かしくてたまらない感じの映画。竹内力も原田貴和子も若さをうまく表現していて初々しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やすぞう
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る