ガメラ2 レギオン襲来のレビュー・感想・評価

ガメラ2 レギオン襲来

劇場公開日 1996年7月13日
12件を表示 映画レビューを書く

平成ガメラ3部作の中では映画としては一番良く出来ている。

平成ガメラ3部作の中では映画としては一番良く出来ている。

もーさん
もーさんさん / 2019年5月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

サスペンスの天才。金子修介。

面白かった。前作ほどバカっぽい演出はなくなり、きちっと仕上げてきたな、という印象。前半はSF・モンスター・ホラー調、後半は怪獣映画。

前半はサスペンスの繰り返しで、怪獣を中々怪獣をあまり「見せない」んだよね。この「見せない演出」はサスペンスの王道で、エイリアン2とかジョーズとかでも用いられている。SF要素もディテールまで作り込まれていて、真偽のほどは判らないが、少なくとも矛盾は目立たない。世界観に浸れました。

後半は怪獣映画。自衛隊がガメラと共闘する「待ってました」という展開に。ラストバトルも編集が上手い。ガメラとレギオンの闘いと、自衛隊の作戦の展開が、同時並行で描かれる。それが超ハマってる。「エンドアの戦い」みたいにかっこいい。さすが。良く研究してるというか・・・上手いとしか言いようがない(偉そう)。

しかし、撮り方が上手いのは前作もそう。今作でさらに加えられている要素は「怪獣愛」だと思う。「自衛隊と怪獣の共闘」とか「戦車が公道を走る光景」とか「無垢な子供が願うと助けに来るガメラ」とか、怪獣ファンの心を擽るんだよね。

愛に溢れた映画です。

t
tさん / 2019年2月17日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 自衛隊のミサイルがレギオンの角を折るところでテンションが上がる。ガメラがあんまり強くないところがとてもいい。戦略が機能してロジックがあってスリルがある。なんとなく派手に戦いを繰り広げているだけのアクションとは次元が違う表現だ。人間ドラマもとても面白いし、自衛隊がかっこいい。

 レギオンが当時の現代風であんまりかっこよくない。仙台を吹き飛ばす場面には度肝を抜かれた。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2019年1月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自衛隊がカッコ良かった。

東京国際映画祭・野外シアターでの観賞。
着ぐるみとCG併用、CGもキレとスピード感は有りましたがやはり着ぐるみ特撮はいい、質感重量感が素晴らしいですね。
今回は日比谷野外シアターでの観賞、夕刻過ぎ都会のビルの狭間、時折ヘリが往来したりして、スクリーンでの自衛隊出動や怪獣都市破壊シーンなど雰囲気醸しましたw

褐色の猪
褐色の猪さん / 2018年10月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

最高のデザイン

今回の敵怪獣 レギオンのはスーツでありながら人の骨格を全く感じさせない完璧な甲虫的造形。
怪獣スーツとしてひとつのゴールと言えるでしょう。

須賀
須賀さん / 2018年7月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

「火力をレギオンの頭部に集中しガメラを援護せよ!」 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「ガメラ」シリーズ第10作。「平成ガメラ三部作」第2部。

前作のヒットにより続編製作にGOが出たことで、前作公開から約1年後に公開されました。
映画作品で初めて日本SF大賞を受賞するという快挙を成し遂げました。前作に引き続いて、星雲賞などの映画賞を受賞しています。

前作では現代日本に怪獣が出現した場合の政府や市民の行動をシミュレーションしていましたが、本作では宇宙から飛来した“侵略”を目的とした生物に対し、政府と自衛隊はどのように対応するのか、という軍事・戦争シミュレーションの側面が強調されています。

レギオンは、“生態系への侵略”という今までに無い斬新な目的を持った宇宙怪獣として、特撮ファンだけでなくSFファンからも好評を持って迎えられました(と、勝手に思っているのですが、実際のところはいかがですか?)。
昆虫を模した鋭角的で戦闘的かつ斬新なデザイン、巨大レギオンのガメラをも凌駕する大きさ、展開した大顎から発射される抜群の破壊力のマイクロ波シェル…などなどキャラクター自体の持つ魅力も尋常じゃありません。
渡良瀬たちがレギオンの生態を解明して行くシークエンスも秀逸。奥底まで考え抜かれた設定に舌を巻きました。ここまで構築された怪獣の設定が、未だかつてあったでしょうか?
あるひとつの目的を持って組織化された怪獣軍団、というコンセプトも初めてだったのではないかなと思います。まさに軍隊アリ。宇宙に種子を飛ばし、その星の環境や生態系を喰い潰し、さらに繁殖を繰り返す…。恐るべき生命体です。
地球の守護神たるガメラに、“ギリギリ最後の選択”をさせるほどの強敵でした。クライマックスでのガメラの決断は、次作「邪神<イリス>覚醒」にまで影響を及ぼします…。

そんなかつて無い宇宙からの“侵略者”の脅威に対して、我が国が誇る自衛隊が総力を持って立ち向かいます!
全三次の防衛ラインを展開し、勇ましい音楽と共に臨戦態勢を整えるシーンが胸熱です。ゴジラ映画のように“超兵器”は出て来ないので、現実の自衛隊が所有している兵器でレギオンと戦います。74式戦車のキャタピラの音にたぎる…! そして、小林昭二の存在…おやっさん!
赤石山麓付近に集結した戦車大隊の一斉放火がレギオンとの“最終戦争”の火蓋を切りました。しかし、マイクロ波シェルによって一瞬の内に壊滅させられてしまいます。その圧倒的破壊力たるや! 燃え上がる炎と夜のコントラストが目を引きました。好きなシーンです。
自衛隊も必死ですが、2度の巣分かれに失敗したレギオンも必死。互いに総力を傾注し、一進一退の攻防戦が繰り広げられました。何度観ても手に汗握りまくり…!

仙台で種子発射に伴う大爆発に巻き込まれて仮死状態になっていたガメラが復活し、足利市に迫ったレギオンと激闘を繰り広げますが、駆け付けた際の飛行形態から素早く変形して着地時の勢いのままにプラズマ火球連続発射する姿が無条件にカッコいい!
体格差があり過ぎてレギオンに圧倒されるばかり。進行を阻止することができず、徐々に追い詰められていくガメラ。最終防衛ライン突破へのタイムリミットが迫る中、ついにこの瞬間が…! 迷わずレビュー・タイトルに書かせていただいた師団長の名ゼリフと共に、自衛隊がガメラと共同戦線を張ることに…! 何て胸熱な展開なのでしょうか!
特筆すべき点は、そのときの攻撃でレギオンにかなりのダメージを与えることに成功したことです。ゴジラ映画の世界では通常兵器なんて全く効いた試しがありませんので、怪獣映画における自衛隊初の快挙ではないでしょうか? …拍手!

綿密に練り上げられたシミュレーションは迫真のリアリティーがあり、ジリジリとした緊迫感を持って迫って来るようでした。
未知の宇宙生物に対し、勇気を持って立ち向かう自衛隊員たちはとてもカッコ良く、小さい頃は「自衛隊に入りたい!」と本気で思っていたほどです(笑) どんなに絶望的な状況でも諦めない強さが描かれています。憧れました…。
ラスト・シーンのガメラに向かって自衛隊員たちが敬礼する場面は、涙無くしては観られない熱過ぎる名場面!

本作は個人的に三部作の中で一番のお気に入り。怪獣映画だけでランキングをつくれと言われたら、「シン・ゴジラ」が第1位だとしてダントツで第2位へのランクインです!

※追記(2019/5/3):「デジタル・リマスター版」DVDで鑑賞。
やっぱり第1作を観たら、第2作も観ないとね!(笑)
クライマックスのガメラと自衛隊の共闘が胸熱。何度観ても興奮の坩堝であります!

syu-32
syu-32さん / 2018年6月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、映画館
  • コメントする (コメント数 6 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

凄い

ある意味シンゴジラより凄い

棒人間
棒人間さん / 2018年6月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雪乃さん(踊る大捜査線)!めっさかわいい( ´ ▽ ` )ノ

てな訳で。

シンゴジラ語るには、平成ガメラ三作見とけ!と言われて。。。
現在に至る(=´∀`)人(´∀`=)

なるほどなるほど。
誰一人悪く言わない本作。
うんうん。
これは凄いぞ!!!

ロードオブザリングもそうだけど。
連作物てのは、オールで一本と考えるべきだ!
と、なると。。。

ガメラの①は、本作への壮大な予告編になるのだろうか?
①が有ったからこそ、本作がスムーズに見れる。
公開まで二年開けない!て製作陣の頑張りに、先ず賛辞を送りたい(*余談だが、007スペクターとか、めっさ腹が立った!)。

こちらは確かに、怪獣映画/特撮映画てくくりで無く、一つのパニック映画?としても成立してるな(シンゴジラもそうだった)。

ガメラ①ではF1(懐かしい!)が。
本作の②ではF15が!
自衛隊さん、いつも日本をありがとうございます(笑)♬

とりあえず。
唐沢寿明君とのコーセーのCM『ねぇチューして♡』にて出生?出世した、水野美紀さんがめっさかわいい(=´∀`)人(´∀`=)
彼女の代表作は?
・コーセー(カネボウだったか?)のCM
・踊る大捜査線
そして!
・本作のガメラ2(=´∀`)人(´∀`=)

二十年前の作品。。。

だが侮るなかれ!
御都合主義の謎解きで物語が進行するが、その御都合主義(説明セリフ)が無いと、こっちが追いつかないぞ♪(´ε` )

ガメラ。。。
怪獣が正義の味方!てプロットをブラさ無い(②作目までは!)、てのはゴジラと違いガメラ平成シリーズの凄いとこだな♪( ´θ`)ノ

後半40分のスペクタルに刮目せよ(いや前半もおもろいぞ)!

とりあえず。
怪獣には、コヨーテタンゴなりジプシーデンジャーなり・・
メカゴジラ(機龍だっけ?)なりぶつけんかい!!!

支那が日本に攻めて来ない理由。
それは、陸自がゼータガンダム持ってるから!

傷だらけになりながら!
味方から背中から打たれながら!
それでも日本を守るガメラに、日本のじえいたいの悲哀を見た!

何度でも言う。
ありがとうガメラ!
ありがとう自衛隊!

余談だが。。。
カエルの王国のハンニバル三兄弟。
背中から打たれるての、悲しすぎるよね?ザンボット3かよ!

ガメラ・・。
日本人は皆があなたを大好きです。
憲法9条は日本を守ってくれない!と二十年前から言ってるんだな。。。
(*当時は俺も朝日新聞に洗脳された、ド左の人権派だった。。。)

シンゴジラもそうだ。
①はぐれものや②キワモノのヲタクや③自衛隊や④美少女が!日本を救うんだな。
これは胸が熱くなった。。。

ウルトラマン80もライダーのおやっさんも!
日本を守ってくれるんだね( ´ ▽ ` )ノ

感動!!!もう一回言う。
二十年前の作品とは思えない!

☆⑤でも良いかも?
惜しいなぁ、(シンゴジラやパシフィックリムと比して)音楽がなぁ。。。

>礼には及びません、仕事ですから!
>見返りは幹事長の椅子で良いぞ!次の総理!

本作では?
→これが済んだら(めし)奢らせて下さい!
→ガメラだって血を流したんだから。。。

俺はやっぱり日本が、日本人が大好きだ!!!

えびかに伯爵
えびかに伯爵さん / 2016年9月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こういう作品が興行収入100億越える世界に!

脚本、演出、特撮、俳優、ほぼ全てが完璧なエンターテイメント最高傑作❗
怪獣映画と侮るなかれ‼
今作は特撮耐性が無い人でも絶対に楽しめる作品ですよ‼

コバダイ
コバダイさん / 2015年9月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

見所もある

複数の小さい怪獣というネタは、ゴジラVSデストロイアのネタと被ってたので、あまり印象に残っていないが、ビジュアルは覚えていた。
改めて見直してみたが、ストーリーとしての見所も実はあったことに気づく。人間ほどの虫のような怪獣に襲われるというホラーテイストが出ていて、地下鉄の車掌が襲われるシーンはどこぞのスプラッタ映画として見れる。
巨大怪獣戦となってからは、いつものガメラ戦である。負けそうになるガメラに手に汗を握る展開。だが、流石に大人になってからのワクワク感は少ない。

夢見る電気羊
夢見る電気羊さん / 2015年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ガメラも見てない内に

今見とけと言われて見た。
特撮ものには全く興味がなかったのだが、ストーリーがなかなかのめりこめるもので、面白かった。
ガメラの良さは多分今だに分かっていないと思う。
しかし、食わず嫌いは治った。
楽しかった。

2014年6月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

我が名はレギオン

大好評を博した“平成ガメラ”の第2弾。

今回の対戦相手は、宇宙から来た新怪獣レギオン。
とにかくこのレギオンがメチャクチャ強い!必殺技マイクロ波シェルの格好良さと来たら!
姿形も斬新で、こんな怪獣見た事無い!と思うほどの強烈なインパクトを残す。
クィーン、ソルジャー、草体とまるで蜂か蟻のような生態でガメラや人類を翻弄する。
そのしっかりとした設定が、ただでさえ現実離れする宇宙怪獣にリアリティをもたらしている。
平成の怪獣でこれほどインパクトがあるのは、このレギオンとビオランテくらいだろう。

主人公が自衛隊員となり、自衛隊目線で話が進められる。
「攻殻機動隊」「パトレイバー」の脚本を手掛けた伊藤和典の手腕が炸裂し、さながら戦争シミュレーション。
男の子なら絶対興奮する事間違いナシ。
また、デビュー間もない水野美紀が可愛ユス…(笑)

レギオンに終始劣勢のガメラ。一度敗退するほど。
しかし、どんなにボロボロに傷付いても何度でも立ち向かっていく。
ガメラの魅力が最大限に活かされ、その雄志は平成シリーズの中で一番だろう。

シリーズ2作目でも全く衰えぬこれまた傑作!

近大
近大さん / 2012年8月18日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

12件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報