「引きこもりの逃避行」顔 everglazeさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「顔」 > レビュー > everglazeさんのレビュー
メニュー

劇場公開日 2000年8月12日
全6件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

引きこもりの逃避行

引きこもりの女が、妹殺害後の逃亡生活から、皮肉にも人生を取り戻していくようなストーリー。
家族の死が彼女の殻を破るきっかけになります。

殺人犯である主人公だけでなく、彼女が逃避行中に出会う様々な人々から、誰しもが抱える悲しみや人生の負の側面が浮かび上がります。この映画が面白いのは、そこに全く悲壮感がないこと。何だか引き込まれて、思わず笑ってしまう場面が多いです。

それにしても嘔吐シーンが多いです。どんな意味があるのでしょうか…。

everglaze
さん / 2016年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi