劇場公開日 1961年7月28日

「女はライカアーローリンストーン。」女は二度生まれる Haruさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5女はライカアーローリンストーン。

Haruさん
2019年9月14日
iPhoneアプリから投稿

川島雄三が描き出す女は面白い。
ズルがしこい割りには間が抜けていて…
よく言えば愛嬌がある。
若尾文子は若く、色香は未熟だけれど
身体の奥底に潜む色欲が目の動きに自然に表れる。
川島旦那はそんな彼女の微妙な感性を引き出す。
駆け引き上手なんだろう。

体言止めのようなラストシーンに全て現れている。

しかし、川島旦那は言うだろう。

イヤんなっただけ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Haru
「女は二度生まれる」のレビューを書く 「女は二度生まれる」のレビュー一覧へ(全4件)
「女は二度生まれる」の作品トップへ