「寅さん最高」男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋 古泉智浩さんの映画レビュー(ネタバレ)

男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋

劇場公開日 1982年8月7日
全3件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

寅さん最高 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 寅さんの魅力が凄まじかった。暖かいオーラが尋常じゃなかった。両親がよくテレビを見ていて、その横で何度か見たことがあったのだが、きちんと意識して見たのは初めてだった。こんな面白い映画だったとは驚いた。日本人は年に2回寅さんに触れて、楽しい気分で過ごしていたのかと、大切なものをスルーしていた事に気づけてよかった。

 寅さんは完全に童貞だし、定住もできないのはどこか病理を感じさせるところでもあった。あの楽しい人柄は、よそ行きだからだったのではないかと、いしだあゆみとの関係で伺えた。お互いよそ行きの顔をしている時は楽しく接することができるのだが、いざ一線を超えようとするとギクシャクしてしまう。

 寅さんはきっと誰にも素の顔を見せたくなかったのではないだろうか。だから誰とも恋をしないし、定住もしない。素顔を見せないために旅をして失恋をし続けていると思うと切なくなった。

古泉智浩
さん / 2015年8月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi