エスパイのレビュー・感想・評価

メニュー

エスパイ

劇場公開日 1974年12月28日
1件を表示 映画レビューを書く

超能力の源は“愛”だ! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 法条(加山雄三)の命によりテストドライバーだった三木(草刈)をスカウトしてきた田村(藤岡)とマリア(由美)。公害研究所?なる組織に何で俺なんかがスカウト?役に立たないよ・・・などと、本来の組織の目的を話す。逆エスパイとなっていたボール(山谷初男)がイスタンブール支部に助けを求めてきたという情報により、田村とマリアはさっそくトルコに飛んだ。

 首相の替え玉を殺されたが、ボールも殺され、マリアはさらわれ、田村は超能力を出し切ったために能力を失うこととなった。マリアは催淫剤を盛られていたのね・・・セクシーすぎる!

 本物の首相は日本に来て演説するとかで、彼らは首相を守るために奔走。旅客機でのパニックは、これだけでもパニック映画として成立するのに、迫力が足りなさすぎ。ここではインドの老師サラバット(岡田英次)が活躍する。新人ながら能力の強い三木は敵の一人を殺した罪悪感に苛まれ、ちょっと腑抜け状態に・・・そして、日本においても謎の女にだまされ、田村が時限爆弾付の車にとじこめられる。首相の演説する会場では参加者全員が催眠状態となり、パニックに!

 なんだかんだ言っても、一番強いのはシェパードのシーザーだった(笑)。彼がいないと全員殺されてたぞ!まぁ、平和を愛する集団なんだから、戦闘と言っても迫力はないし、超能力といっても透視ばかり。そんな能力の中でも、瞬間移動(テレポーテーション)というの老師クラスじゃないと出来ない技であり、エスパイたちの憧れでもあった(だったかな?)。そして、“愛”のおかげで田村は爆発寸前でテレポーテーションするのだ!現れた場所はレセプション会場。なんと殺し屋・巽(内田勝正)にタックルするというオマケつき。

 それにしても「人間じゃない!」と自己主張していた悪の権化ウルロフ(若山富三郎)。人間を全て抹殺しなければならないという、破壊主義者だったが、怖い思想とは裏腹に、要人やエスパイたちばかりを狙っていたのは弱すぎるかな?

 くそまじめに演じている役者が可哀そうとも思えるし、全てギャグにできそうなストーリーは役に立ちそう(何の?)。それにしても、苦しんでる藤岡を見ていると、いつ仮面ライダーに変身するんだろう?と感じてしまう・・・

kossykossy
kossykossyさん / 2018年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi