植村直己物語

劇場公開日

14%
49%
23%
9%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界的冒険家、植村直己の生涯を描く。原作は植村直己、脚本は岩間芳樹と佐藤純彌の共同執筆。監督は「空海」の佐藤純彌。撮影は「人生劇場(1983)」の並木宏之がそれぞれ担当。

1986年製作/140分/日本
原題:Lost in the Wilderness
配給:東宝

ストーリー

グリーンランドのシオラパルクに滞在し、3000キロの犬橇単独行を成し得た植村直己は、久しぶりに東京に戻って来た。彼は駅の階段で偶然出逢った女性と馴染みの店で再会した。そして数日後、その女性野崎公子に自分の著書をプレゼントする。それを読みながら、これまでの植村の人生を知る公子。明治大学山岳部で落ちこぼれだった植村は、卒業後4万円だけ持って、横浜より移民船で渡米した。だが、労働ビザが無いため、不法労働で国外追放され、フランスのシャモニーに渡る。そこで働きながらヒマラヤのゴジュンバ・カンII隆明大隊に参加、同峰初登頂に成功した。その時団体登頂は合わないと感じた彼は、その後、モンブラン、マッターホーン、キリマンジャロ、アコンカグアなどを単独で登った。1970年5月には、日本人として初めてエベレスト山頂に立った。3ヵ月後、北米最高峰マッキンリー単独登頂に成功、5大陸最高峰すべてを征服する記録をたてた。その後一般の職につくがどれも長続きせず冒険家として生きることに。そして、エベレスト国際登山隊に参加した後、陸地の冒険にきりかえ現在に至っていた。深い感動をうけて読み終った公子は、植村のプロポーズを承諾。1974年、二人は結婚した。間もなく、植村は北極圏12000キロの犬橇単独行を1年半近くかけて成し遂げた。彼の冒険熱は失せることなく、78年4月、寒さと戦い、危く白熊に襲われそうになりながらも、犬橇で北極点単独到達に成功した。その後、これを最後にと南極大陸横断計画をたてるが、フォークランド紛争のためアルゼンチン政府の協力を得られず断念する。そして、84年2月、マッキンリー冬期単独登頂後、消息を断つ。懸命の捜索にもかかわらず発見されず、日本政府は、死亡が確定的になった4月19日、彼の輝しい業績に対して国民栄誉賞を贈った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第10回 日本アカデミー賞(1987年)

ノミネート

作品賞  
監督賞 佐藤純彌
主演男優賞 西田敏行
主演女優賞 倍賞千恵子
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0植村直己冒険館のポロシャツが夏に最高!愛用しています(笑) 本作、...

2022年3月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

植村直己冒険館のポロシャツが夏に最高!愛用しています(笑)
本作、植村直己の足跡を知るものとして貴重。ただ、奥さまとの夫婦愛の描き方はなんとなく中途半端。そして植村直己物語というより西田敏行物語に思える。濃いキャラだ(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

4.0一所懸命に取り組む姿、うらやましい!

Koheiさん
2022年2月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

彼の名を初めて知ったのは、恐らくは小学生の頃だったと思う。学校の先生が教えてくれた。当時どう思ったのか覚えていないが、一所懸命に高みを目指す彼の姿に尊敬の念を抱かざるを得ない。作中で、彼はいわゆる社会不適合者であり、冒険以外めっぽう不得手であったが、飛び抜けて好きなことや得意なことがあるというのは立派なことである。特にこれといった趣味や特技もなく、無味乾燥な人生を送っているよりはメリハリがあって余程良い。うらやましい限りである。おまけに素敵な奥さんがいるというのだから、言うことなしである。ただ、残念なのは、彼が行方知れずとなったことである。さらなる高みを目指し挑戦し続ける彼の姿をもっと見たかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kohei

3.5冒険家

2022年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

登山家というよりも冒険家と行ったほうが似つかわしい植村直己さんの半生記。
どちらかといえば集団活動が苦手だった主人公(西田敏行)は、なんとかなるだろうと、どんどん世界に出ていく。
そして単独登頂を成功させ、名前を知られていく。
こんな桁外れな日本人がいたんだ!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0私が誇りに思う明治大学の偉大な先輩の物語

SHOTさん
2022年2月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

私の大先輩として誇りに思う、明治大学出身の偉大な登山家・冒険家である植村直己とその妻の夫婦愛に満ちた物語です。
映画としては植村直己のいろいろな業績を詰め込みすぎという感はぬぐえませんが、それでも大好きな作品です。
映画が公開された1986年には、有楽町マリオンの当時日本最大級のスクリーンで観た記憶がありますが、(その後もテレビ放送を何回か見たとは思いますが)三十数年振りにBSプレミアムでじっくりと鑑賞しました。

私の現在まで続く登山好きはこの映画の影響によるところ大です。
モンブラン、エベレスト、マッキンリー、北極などの壮大な映像はもう一度大きなスクリーンで観たいなあと思います。

植村直己は身長162㎝と小柄で、とても素朴で謙虚な性格の人であったということですが、生前に今でも語り継がれるいくつもの名言を残しています。
「人の生きる本当の価値は、お金や肩書きなどではなく、夢を追い求め一瞬一瞬を精一杯生きることにあります。」
「みんな、それぞれが、何か新しいことをやる、それはすべて冒険だと、僕は思うんです。」

そしてもっとも有名な言葉は「冒険とは、生きて帰ることなのである。」
これは植村直己がマッキンリーで消息不明となり生存が絶望的となったときに、妻の公子さんが記者会見の席で「いつも偉そうなことを言っていたのにだらしないじゃないの…」という言葉と一緒に、私だけでなく多くの人々の記憶に残されています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
SHOT
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る