甘い汗のレビュー・感想・評価

メニュー

甘い汗

劇場公開日 1964年9月19日
1件を表示 映画レビューを書く

甘い汗ってどんなにおい?

甘い汗とは、女性の掻く汗のことだろう。
男が甘い汗を掻くとは想像しがたい。
体を売るのも肉体労働だし、そこには愛憎にまみれた甘い汗があるだろう。
同じ水木洋子脚本の『おかあさん』でも確か、狭い部屋で寝る一家の姿が描かれたと思うが、理想的な一家の『おかあさん』に比べて、真逆の不和状態の家族である。
互いに相手を理解できず、憎しみあうのが可笑しくて悲しい。
また口達者に自己弁護ばかりペラペラ喋る、母・娘・嫁の女性陣に比べ弟や兄はオロオロするばかり、それが名古屋章だから余計おかしい。秀逸なキャスティングだ。
愛人を番号で呼んで、2号3号4号と平然と犬を飼うように養う男たち。
今にすれば、どこか異国の情景のようで女性の人権は本当に軽い時代だったのだなと思う。ただ高校生の娘に手を出そうとする伯父など、日本の男のロリコン趣味に関しては今も昔も変わらない。
女を食い物にするだけの卑劣で小者揃いの大和男児に対して、踏まれても抜かれても雑草のように逞しい日本の女。
ラストシーンも女性脚本家があっけらかんとした女性像を描こうとしたのに対して男性監督はいじらしい切ない女性像を描こうとしたらしい。
女が強いと都合が悪いのは、日大の監督が選手に真実を告白されると都合が悪いのと似て、自分の小者ぶりが発覚するのを恐れているのかも知れない。

るるびっち
るるびっちさん / 2018年5月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi