劇場公開日 2007年12月15日

Little DJ 小さな恋の物語のレビュー・感想・評価

3.58
18%
47%
31%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全8件を表示

3.5図らずも、何度も泣かされた、のである‼️

2021年5月8日
PCから投稿

難病ものの類型的な展開で、あざとい演出に鼻白む思いで、しらけたりもしたのですが。
後半から、泣かせ地雷と知りながら、踏んでしまい、何度か落涙。
いやー、上手いんだな、神木隆之介。
少女もヘラヘラしてるけど、良いんだな、これが。
オヤジも母親も良い味出してるし。
他の医者やら患者も自然な感じで。
くさい芝居と思いながら、泣けてくるんだな、これが。
レビュー書きながら、思い出したら、また、泣けてきた、オヨヨ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン5

5.0プロ野球実況放送の真似をする神木隆之介

kossyさん
2020年8月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

4.0ラジオ好きで良かった

2020年3月23日
PCから投稿

キレイな話。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
宮西瀬名

3.5アミューズ30周年記念作品

2008年1月18日

悲しい

中学生のお話だけれども、30〜40代にも楽しめる作品です。
「恋空」と同じく、男の子が白血病で死んで行く話です。
どちらもリアリティからは、程遠いお話です。
あちらはヤンキーで、こっちは純情な少年のお話ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
フリーダ

4.0ラジカセは夢の箱

2007年12月20日

 単純にストーリーを言えば、中学生の男女のラブストーリーなんだが、70年代エッセンスを盛り込んでいるところに、この作品の面白さがある。    CDなどまだなかった時代なので音楽の主役はレコードだ。今の若い人は知らないだろうが、当時高価なレコードを考えに考えぬいて選んで買って、最初にレコードに針を落とす瞬間の喜びは今では味わえないものだ。ジャケットが30cm大もあるので、その大きさだけで存在感があった。

毎度御馴染み白血病で入院した子が同じ病院で知り合った女の子と仲良くなる。やがて女の子は退院するが、男の子は退院することはない。
院長の趣味がレコード収集だったので、当然オーディオも一式揃っている。院長の勧めで始めたDJが生きがいになってゆくが、病状は悪化する一方だった。

部屋から出ることもままならなくなったとき、父親が一台のラジカセを買い与える。「これで録音すれば、またDJができるんだ。」
だが、病気はさらに悪化し最後の時を迎える。

やがて年月が経ち、中学生だった女の子はラジオ局に勤務し、番組を任されるようになっていた。

ラストにかかる曲が40才以上の人にはジーンと響きます。

作品中に出てくるラジカセが、DJごっこをやるにはうってつけな機種です。SONY 1780 ¥37800 入出力端子が充実していて、たいがいのラジオやステレオを繋ぐことができます。マイクを繋いでテープの曲とミキシングすることもできます。テープの音をFM電波に乗せて飛ばすこともできます。

何故、私がこんなに詳しいかって?私自身30年前に使っていたからです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バカボンのおやじ

4.0一生懸命は、素晴らしい!

mori2さん
2007年12月15日

泣ける

悲しい

幸せ

 吾輩の世代には懐かしい、70年代を舞台に綴られるピュアなラブ・ストーリー。『大切な想いは、伝えなきゃ』ホントそうだね、その通りだね!
 “難病(=不治の病)モノ”です。『泣かせてやろう』演出も、随所に見られます。下手をすると、非常にクサくなってしまうテイストを持っている映画ですが、本作ではそれを、若い2人の主演俳優(神木クン&麻由子ちゃん)のとっても純粋で一生懸命な姿がイイ意味でスポイルしてくれていて、とてもとても爽やかな感動をスクリーン越しに伝えてくれます。うんホント、単純にイイです!他に言葉が見つからないんですけど、もお吾輩試写室で号泣に追い込まれてしまいましたから。ピュアであるってことは、ホントに大切なことですよね。更に2人の脇を固める俳優陣も、両親役の石黒さん、西田さんをはじめそれぞれ味のある、イイ演技を見せてくれます。そう、皆さんも一生懸命なんですね。特に大先生役の原田芳雄さんが、とてもイイ味を出してくれていて、『ホント、この人は上手だなあ』と観ていて感心させられました。そして何より、DJとしてこれ以上のキャスティングはない!と唸ってしまった小林克也さんの出演が、この映画に欠かせないとても重要なエッセンスとして効いています。

 FMよりも、AMがラジオの主役だった時代。吾輩も必死になっていろんな番組を聴いていました。そんな頃がとても懐かしく感じられて、何かそこでも胸がギュ~っとしめつけられました。映画を彩る、キャンディーズやチューリップ、そしてQUEENのナンバーが、吾輩世代には懐かしく、今の若い方々には新鮮に聞こえると思います。

 あとは海辺の病院と、函館の街並みのロケーションが、何故か暖かく、優しく感じられて、とても良くこの映画にマッチしていました。吾輩、昔一度だけ旅行したことがあるのですが、いい所ですね函館!また機会があれば是非訪れてみたい街です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mori2

3.5神木君の演技がすばらしい

masakoさん
2007年11月27日

泣ける

悲しい

楽しい

神木君のラジオの真似はとても上手かったです。そして太郎は本当にラジオが大好きで、DJをしていることに喜びを感じていることがとてもよく伝わってきました。DJをしている姿がとても生き生きとしていていたんですよね。また太郎が抱く淡い恋心、伝えようとしてもなかなか伝えられない気持ち、その初恋の初々しさみたいなものがとてもリアルに伝わってきました。何かの雑誌で神木君のインタビューに、たまきが太郎のベッドに入ってくるシーンはすごくドキドキしてしまったとうようなことが書かれていたのを覚えていたので、ちょっとそんな目で観たら本当神木君がかわいく思えて仕方ありませんでした。

ただ、福田麻由子ちゃんがずっとこれでもか!というぐらいの満面の笑みを浮かべているのですが、それがちょっとわざとらしすぎるというか不自然な感じだったかな。ミイラ人間扱いされた人に、いきなりあの笑顔はないでしょ。その後も麻由子ちゃんは顔が疲れるんじゃないかというぐらいの笑みをずっとしていました。あそこまで笑い続けられるのはある意味すごい。

それから太郎が自分の病気に対して冷静すぎな感じがしましたね。子どもなのにすぐに受け入れすぎというかなんというか。あとは無菌室ではなんの為の無菌室だ?と突っ込みを入れたくなってしまうようなシーンがいくつかありました。まぁこの辺もかわいい二人に免じて気にしないようにするべきなんでしょうかね。

後半はともかく太郎がたまきにちゃんと気持ちを伝えられるか、どうやって伝えるのか、そればかりを気にして観てしまいました。太郎、頑張れ!みたいな感じ?思い出を作ろうとデートに誘う勇気はあるのに、自分の気持ちがが全然口にできない様子がかわいくてかわいくて。

正直展開は読めてしまうし、若干セカチューっぽい展開もありますが、それでも神木君と福田麻由子ちゃんのかわいらしさで許せてしまう部分も沢山ありました。個人的にはリクエストBOXに入っていたお婆ちゃんからの手紙が良かったです。

人に何かを伝えることの大切さを教えてくれる、切ないけれども優しくて温かいお話だったと思います。エンドロール後も続きがあるのでお見逃しなく。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
masako

3.0キャストはいいんですが……

K-JOEさん
2007年11月21日

泣ける

悲しい

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
K-JOE
「Little DJ 小さな恋の物語」の作品トップへ